プロフィール

fumiya

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の箱
映画撮影所の場面で、赤い布が天井からぶら下がり風で揺れていて、その布の間から黒木瞳の姿が見える。クレーン撮影や緩やかな横への移動撮影もあり、まるでラストエンペラーのようだ。凧の糸が張り巡らされた学校の部室、六角形の中心に黒木瞳を置いて周りを木場刑事と青木刑事がゆっくり歩く場面を真上から撮った場面など、凝った演出が楽しめる。ただ、映画がかなり高速で展開して進んでいくので、あまりこうした場面をゆっくりと味わっている余裕はない。

原作のせりふをただそのまま俳優に突っ立ったまましゃべらせるとかなり退屈になってしまうのだが、前作とは違ってギャグを交えた軽妙なやり取りに変えているのは、原作ファンには異論のある人もいるだろうが、効果的な演出だと思う。京極堂までギャグをやってしまうのは堤真一としてみている人には許容できるだろうし、原作のキャラを忠実に再現してほしい人には許しがたいのだろうが、基本的に俳優にあった演出をすればいいと思う。堤真一、椎名桔平、阿部寛、田中麗奈たちの掛け合いはなかなか面白いし、田中麗奈がこんなにコメディうまいとは思わなかった。逆に、お笑いが本職の宮迫博之が演じる木場刑事は今回ちょっと浮いた存在になっていてうまくストーリーにはまっていなかったと思う。少女二人は行動動機を説明する時間がなくて物語の展開を急ぎすぎていると思ったが、演じている二人(寺島咲、谷村美月)は少女だけの世界にこもっている女の子の雰囲気をよく出していた思う。

原作の設定だからしかたないのだが、暗い犯罪の雰囲気を出すべき人物が二人いるので、映画の限られた時間の中でどちらに重きを置いて演出するのかが難しい。小説家久保(宮藤官九郎)のほうは冒頭から出てくるのである程度雰囲気を伝えてはいたが。科学者美馬坂(柄本明)のほうは後半からの登場になり、常人が踏みとどまる一線を越えてしまった人物という印象はあまり伝わってこなかった。

一貫した雰囲気をもった作品の中で、最後の研究所でのクライマックスが、なにか特撮ヒーローものででてくる悪の秘密結社のように妙に安っぽく感じられたのが残念だった。憑物落しはただの謎解きとは違うのだが、それを映画で表すのは難しい。下手な演出をすると、テレビのサスペンスドラマのように全員突っ立って事件の真相を説明する、といった場面になりかねない。それを避けるために今回は建物の崩壊というパニック映画のような演出を導入しているのだが、建物が崩壊する音がずっと聞こえていて美馬坂は機械の整備で動き回り、せわしない。ここは落ち着いて京極堂と美馬坂が正面から向かい合っている対決を見たかった。

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)京極 夏彦

おすすめ平均
stars押入れの中は覗くなかれ
starsエンターテイメントここに極まれり
stars第2弾にして、早くもシリーズ最高の出来。
starsノベルスのこの厚さが愛おしくなる
stars不可能犯罪を前にして木場が吼える「何の呪文だ? 俺には効かねえな」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
同感です。
こんばんは。

同感、同感です。
宮迫博之が演じる木場刑事は浮いているように感じたし、
田中麗奈が意外にいい味出していたし、
クライマックスの匣がちゃちに見えたし…。
あっ、あの布のシーンは
ぼくは石井隆の『死んでもいい』を思い出しました。
【2007/12/27 21:38】 URL | えい #yO3oTUJs [ 編集]


えいさん、こんばんは。
木場刑事が映画館で見ている時代劇もそうですが、いろんな映画を想起させるところがありましたね。田中麗奈は最近どの映画でもいいですね。
【2007/12/27 23:55】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/80-618cfb97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魍魎の匣

戦時中、日本軍はゾンビ兵計画を企てていた? ネタバレ映画館【2007/12/27 21:09】

魍魎の匣/堤真一、阿部寛

京極堂シリーズ好きなんですよ。といっても原作は読んだことはないんです。前作「姑獲鳥の夏」は観に行こうと思っていたら堤監督好きで京極ファンのブロガーさんが酷評されてたのでスルーしちゃってDVD観賞にしたんだけど、たしかに期待ハズレというか宣伝負けしてました カノンな日々【2007/12/27 21:36】

『魍魎の匣』

----これって京極夏彦の原作でしょ? このシリーズ、『姑獲鳥の夏』も映画化されたよね。 監督が実相寺昭雄から原田真人か…。 まったく違うタイプの感じ。 「うん。ただ、主要キャストは関口役が 永瀬正敏から椎名桔平に交代した以外は、ほとんど同じ。 “京極堂”シリー... ラムの大通り【2007/12/27 21:38】

魍魎の匣

 『ハコの中には 何がある?』  コチラの「魍魎の匣」は、京極夏彦さんのベストセラー京極堂シリーズ映画化第2弾となる、12/22に公開されるすべての人の想像を超える超高速展開サスペンス!!なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  2005年に公開された「姑獲... ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2007/12/27 21:49】

魍魎の匣 観たっ☆

公開初日、早速観てきましたよ~。 昨夜は原作を読みきらなくては・・・・!と夜中 せるふぉん☆こだわりの日記【2007/12/27 23:49】

「魍魎の匣」 やはり映像化は難しいか

「姑獲鳥の夏」に続く京極夏彦さんの京極堂シリーズの二作目です。 僕は原作の大ファ はらやんの映画徒然草【2007/12/28 16:23】

「魍魎の匣」:豊洲駅前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}遠くのほうにぼんやりと浮かび上るあの建物は何かしら? {/kaeru_en4/}うーん、魍魎の匣かな。 {/hiyo_en2/}そんな縁起の悪いこと、言わないでよ。「魍魎の匣」は映画だけでたくさんよ。 {/kaeru_en4/}でも、意外におもしろかったぜ、原田真人の「魍魎の匣」 【映画がはねたら、都バスに乗って】【2007/12/29 11:02】

「魍魎の匣」映画館レビュー 映画愛

久々の映画館で映画。映画を観て、幸せ。 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ【2007/12/30 02:38】

魍魎の匣

原作ファンの皆さん! 予習はしないでおきましょう! Akira\'s VOICE【2007/12/30 11:05】

【2007-192】魍魎の匣(もうりょうのはこ)

人気ブログランキングの順位は? 匣の中の少女 匣だらけの 匣みたいな家 匣に取り憑かれていた それは決して開けてはいけない匣 ハコの中には 何がある? ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2007/12/31 03:12】

魍魎の匣

試写会に行きました。 出版社が主催のせいか、年齢層はやや高め。 戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。 引退した元女優・陽子の娘も姿を消し、 探偵の榎木津が行方を追うことになる。 一方、作家の関口と記者の敦子は、 不幸をハコに閉じ込める教団に... 映画、言いたい放題!【2007/12/31 13:09】

匣の中身は何じゃろな【魍魎の匣】

京極夏彦のベストセラーシリーズ映画化第2弾 「魍魎の匣」を見てきました。 第1弾 犬も歩けばBohにあたる!【2008/01/02 16:30】

【魍魎の匣】

行ってきました、今年の初映画…[:映画:] 戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子の娘も姿を消し、探偵の榎木津が行方を追うことになる。一方、作家の関口と記者の敦子は、不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子らはそ... じゅずじの旦那【2008/01/04 21:38】

『魍魎の匣』

  『魍魎の匣』   それは決してあけてはいけない匣   ■戦後間もない東京、美少女連続殺人が世間を騒がせている。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵・榎木津(阿部寛)は行方を追う。一方、作家・関口(椎名拮平)と記者・敦子(田中麗奈)は、 唐揚げ大好き!【2008/01/08 08:33】

[遅ればせながら、映画『魍魎の匣 』を観た]

▼公開から三週間ほども経過したのだが、いつものMOVIX昭島に『魍魎の匣』を観に行った。 面白かった^^ 私は、原作の京極夏彦著作に人並みにはまった時期があって、京極堂シリーズ第四作の発売『鉄鼠の檻』発刊の時にはサイン会にも赴いたほどだ。 その時、応援... 『甘噛み^^ 天才バカ板!』【2008/01/14 12:39】

魍魎の匣(もうりょうのはこ) ~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~

~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~ 直木賞作家・京極夏彦のベストセラー「京極堂(百鬼夜行)」シリーズの映画化第二弾、『魍魎の匣』(2007年/日本)。05年に映画化された『姑獲鳥の夏』に続き、今回も憑き物落とし・京極堂、人の記憶が見える探偵・榎木津... Prototypeシネマレビュー【2008/01/14 14:41】

今回の事件はまるで魍魎だ!

映画 『魍魎の匣』 感想 2008年1月5日、記念すべき今年一発目に鑑賞した映画です。 一言で言えば、見る人を選ぶ映画ですね。キャスティングだけ見て安易にこれをチョイスすると痛い目に遭うかも(笑前作以上にコアな人向けというか、この『解る人だけ見てね♪』っていう... Ondul Blog ver.β【2008/01/16 12:41】

★「魍魎の匣」

今週は平日連休が取れたので、シネコンはしごでもう2本。 その1本目。 ヤケに難しい漢字ばっかり使う京極夏彦原作の映画化第二弾。 第一弾の「姑獲鳥の夏」も劇場鑑賞したけど、記憶薄っ。 ひらりん的映画ブログ【2008/01/17 23:04】

『魍魎の匣』

□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5... 京の昼寝~♪【2008/01/25 08:19】

真・映画日記(1)『魍りょうの匣』

JUGEMテーマ:映画 1月4日(金)◆675日目◆ この日もお休み今年は休みが1週間以上あり、のんびりできる。 7日にその反動がきつそうだけど…… 昼に外出。 シネスイッチ銀座で『呉清源 極みの棋譜』を見ようとしたが時間を間違える。 仕方なく新橋に出て「ニ           【2008/03/18 18:19】

mini review 08324「魍魎の匣」★★★★★★☆☆☆☆

累計500万部を超えるベストセラー・シリーズの映画化第2弾。第49回日本推理作家協会賞に輝き、シリーズ最高傑作の呼び声も高い同名小説を原作に、古書店主の“京極堂”こと中禅寺秋彦と仲間たちが、3つの事件にかかわる恐るべき秘密を追う。監督は『突入せよ!「あさま山 サーカスな日々【2008/09/01 03:53】

【映画】魍魎の匣…原作にとらわれない(?)作品

毎回記事の冒頭には近況だの雑談だの書く私ですが… 今回映画記事の内容が長すぎて、投稿限界イッパイイッパイなのです{/ase/} なので早速、本日{/hiyoko_cloud/}は映画鑑賞記録です{/ase/} 「魍魎の匣」 (監督:原田眞人、出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、2007年... ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画【2008/12/19 23:57】

魍魎の匣(感想105作目)&怨み屋本舗SP

魍魎の匣はWOWOWでして昨年に鑑賞して 結論は原作を未読&アニメはで放送が無くて 知識が無い状態で鑑賞して豪華メンバー出演だし 最後の方が微妙だけども内容には満足したよ 内容は陰陽師&探偵&作家&記者&の7人が 遺産相続の誘拐&連続殺人事件&宗教団 別館ヒガシ日記【2009/01/08 19:56】

『魍魎の匣』\'07・日

あらすじ戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記者の敦子(田中麗奈)は不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子ら... 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2009/01/27 22:58】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。