プロフィール

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンダレイ
アメリカの白い地図、黒人奴隷、綿花畑、ギャング、フォードの車・・・アメリカという国が主題であることを示す要素がこの映画にはたくさん登場する。それにもかかわらず、壁を取り払われた抽象的なセットで演じられる黒人と白人の物語は、僕たちの物語でもある。

奴隷制度の中で生きてきたマンダレイの黒人たちは、支配者であるママ(ローレン・バコール)の死後、グレース(ブライス・ダラス・ハワード)によって奴隷契約から解放され、途方に暮れる。今までは、命令に従うか、反逆して罰せられるか、どちらかだった。ただし、反逆は、支配者がいるからこそ可能になるのであって、実は支配者を必要としている。ママはただその要求に応えてきただけなのだろう。自分たちを管理する人間(上司、教師、官僚・・・)に不平を漏らしながら、実は管理されることを望んでいる人々・・。これはやはり僕たちの物語だ。

綿花の種まきや収穫といった、自分たちの生死に関わることでさえ、彼らは命令なしに自発的に動くことができない。グレースは多数決という民主主義的手続きを導入して村を変えようとするが、この改革の裏には、ママの鞭以上に強力なギャングたちの銃がある。

ママの法律が冷徹な観察による住人たちの分類を基にしているのに対して、グレースは黒人たちの区別さえつかず、彼女の観察には致命的な見落としがある。ママの政治は人間の暴力や怠惰のような負の部分を計算に入れているのだが、グレースの理想には、グレースの白い服のように汚れがない。そしてグレース自身の押さえきれない負の部分が、衝動的な怒りや黒い肌への欲情として、表れる。

奴隷制よりも民主的でリベラルな多数決が村にもたらしたものは何か。死刑であり、新たな支配者の誕生だ。民主主義的な手続きによって、鞭をふるい支配する者が選ばれ、新しいマンダレイが誕生する。そしてこれは僕たちの社会のことなのだ。

マンダレイ デラックス版
マンダレイ デラックス版ブライス・ダラス・ハワード ラース・フォン・トリアー ダニー・グローヴァー

おすすめ平均
stars衝撃は薄れましたが。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
よその国の物語ではなく
こんにちは。
他人事ではない僕達の物語だからこそ面白かったですよね。
【2006/04/15 11:19】 URL | かえる #- [ 編集]


かえるさん
アメリカをバカな他人と笑うだけではすまない映画ですね。この映画の登場人物たちがかかえている弱さは、僕たちのものでもあると思います。
【2006/04/15 17:26】 URL | fumiya #- [ 編集]


TB & コメントありがとうございました。
ほんと、似た映画観てますね。
面白い映画あったら教えてください☆
【2006/04/16 14:25】 URL | ryuu #HbqMTmRU [ 編集]

こんにちは!
この映画知らなかったんですけど、
レビュー読んだらなんか気になりますね…
ちょっと観てみたいです。
【2006/04/16 20:33】 URL | KING MONKEY #- [ 編集]


ryuuさん
周りにこういう映画を見る人があまりいないので、ネット上で見つけるとうれしくなります。こちらからもまた遊びに行きますね。

King Monkeyさん
好き嫌いがはっきり分かれる監督ですね。ドッグヴィルっていう強烈な映画と話がつながってますから、そちらをビデオで見ておくとわかりやすいかもしれません。客を楽しませようという気はあまりない監督ですが、見る価値はあります。
【2006/04/16 20:42】 URL | fumiya #- [ 編集]

同感です
さるおです。
トラバありがとうです。

> これはやはり僕たちの物語だ。
> そしてこれは僕たちの社会のことなのだ。

そうだよー、それだよー。さるおが書きたかったことはそれだよー。と思いました。さるおはそれを書くためにいったい何文字費やしたんだ(涙)。
素晴らしいレビューです。これからもよろしくお願いします。
【2006/04/17 04:14】 URL | さるお #7SMSw2C6 [ 編集]


さるおさん
さるおさんも他人事ではないというところに焦点を当ててますよね。同じようなことを考えてるなあと思っていました。これからもよろしくお願いします。
【2006/04/17 20:29】 URL | fumiya #- [ 編集]

そういう見方があったんですね!
fumiyaさん、はじめまして。
ブログ拝見、そういう見方もあったのか~っ!と頭をハンマーで一発やられた気分でした。
事後報告ですが、TBさせて頂きました。
今後もレビュー楽しみにさせて頂きます ♪
【2006/04/24 23:02】 URL | しまらっきー #- [ 編集]


しまらっきーさん
コメントありがとうございます。しまらっきーさんが書かれていた通り、見終わった後参ったなっていう気持ちになります。意地悪な監督ですね(笑)
【2006/04/25 21:23】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]

シナリオ
TBありがとう。
これ、前作と比べ、評判悪いけど、シナリオはこちらのほうが、よく出来ていると、個人的には思っています。
【2006/08/21 02:03】 URL | kimion20002000 #fOhGkyB. [ 編集]


kimion20002000さん
どちらも独創的なシナリオですよね。三部作になるそうなので、次回作がどんな物語になるのか楽しみです。グレースを今度は誰がやるのかも気になります。
【2006/08/21 17:48】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/8-cf49a0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『マンダレイ』

鬼才トリアーの冷笑世界を堪能。豊饒の地マンダレイに実る味わい深い皮肉たち。1933年春。グレースと父親とギャングたちは、アメリカ南部アラバマ州のマンダレイという農園へ辿り着く。そこでは70年以上前に廃止されたはずの奴隷制度が依然存続していたのである。『ドッグウ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2006/04/15 11:15】

やっと観た!アメリカをえぐる問題作、「マンダレイ」。

アメリカに行ったこともない、飛行機嫌いのラース・フォン・トリアー監督が描くアメリカ。すでにDVDにもなっている映画「ドッグヴィル」の続編、「マンダレイ」、やっと観賞いたしました!ヤレヤレ。一言でいうと、引き続き、人間性の醜さが露出するむごいお話でした。いつ 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~【2006/04/16 13:13】

RIGHT TO FIGHT

 優待券があるからとtellから誘いを受け、日比谷シャンテシネでラース・フォン・トリアー監督の『マンダレイ』を観賞。映画でありながら限りなく演劇に近い。決められた範囲の中で、どこを切り取ってもよい視点の選択権を得たような錯覚を持って観られる不思議な映画。ヒロ Dreaming Dragon【2006/04/16 14:22】

映画鑑賞感想文『マンダレイ』

さるおです。 『MANDERLAY/マンダレイ』を劇場で観たよ。観るにあたっての意気込み(笑)はこちらです。 監督はラース・フォン・トリアー(Lars von Trier)。 出演は『THE VILLAGE/ヴィレッジ』のブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard)、お喋り黒人にダニー・グロー さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー【2006/04/17 04:10】

マンダレイ

” 参ったなっ ” 照明がつきエンドロールが流れて、まずの感想はそれ。アメリカ批判は昨今ではコモンなこと。そんなこと心にひっかかったのじゃなく、” お前だって、奴らと大差ないんじゃないのか~?! ” と嘲れてるような気分で、苦笑いせざる得なかったの.... 映画の魔力【2006/04/24 12:49】

NO.167「マンダレイ」(デンマーク/ラース・フォン・トリアー監督)

ドグマ95と「純潔の誓い」。トリアー監督は、ますますラディカルになっていく。トリアー監督は、1956年生まれ。僕より3歳下だが、極めて、戦闘的で挑発的だ。とても、気持ちがいい。トリアー監督とその仲間たちは、1995年に<ドグマ95>という映画制作に当たっての「概念 サーカスな日々【2006/08/20 06:57】

「マンダレイ」~短評~

「マンダレイ」 監督 ラース・フォン・トリアー「よいっしょ」「次は消費税アップか・・・」「ひっくり返して子供を助けるぞ!」「でもその後どうするんだい?」「・・・・・・・・・・」「重いね・・・」黒人の奴隷制度だけでなく、日本人を含めた人間の根本的な問題と.. SolPoniente【2006/12/10 23:03】

マンダレイ

 『美しき救世主があらわれ、 そして、自由が消えた。』  コチラの「マンダレイ」は、「ドッグヴィル」に続く「アメリカ三部作」の第2弾となったR-18指定のヒューマン・ドラマです。スタジオの床に白線を引き最低限のセットのみという舞台形式は前作同様だったんです ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/07/31 20:18】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。