プロフィール

fumiya

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デス・プルーフ in グラインドハウス
女の子たちは携帯を持っているようなのでこれは現代の話だが、意図的につけられたフィルム傷やコマ飛びのある画面は昔の映画を想起させる。それはまるで、時代遅れの格好をしたスタントマン・マイク(カート・ラッセル)の世界に現代の女の子たちが迷い込んでしまったかのようだ。そして女の子たち(ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ、ジョーダン・ラッド)が延々と続ける意味のない会話が耳に心地いい。もちろん、そこに意味を求める人にとっては退屈きわまりないのだろうが、ここは女の子たちの会話の声とリズムを耳で楽しむ場面だ。

刺激的なことを求めている女の子たちにとって、同年代の男の子たちは退屈だ。だから、奇妙な格好をした謎のスタントマンが現れたとき、彼女たちは彼に興味を惹かれてしまう。孤独な殺人鬼と若者たちの遭遇というのは、B級映画で繰り返されてきたパターンだが、ここでは酒場で繰り広げられる男女間の挑発と誘惑がすばらしい。

後半、別の女の子たち(ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、トレイシー・トムズ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド)が登場するが、彼女たちの、会話も前半同様内容よりもはしゃぐ声が耳に心地いい。女性の観客なら、なぜピンクのTシャツを着たスタントの女の子がみんなに頼りにされていて、黄色のチアリーダーの格好をした女の子がドライブのメンバーから外れてしまうのか、感覚的によく分かるんじゃないだろうか。

スタントマンマイクと女性たちとの関係が、狩るものと狩られるものとして描かれてきたので、終盤のカーチェイスでそれが逆転する場面は非常に盛り上がる。草むらに放り出されたゾーイがひょこっと顔を出してニコニコしながら車に寄ってきて、そして鉄パイプを持って車に箱乗りして逆襲に向かうところは、本当に格好いい。前作もそうだったけれど、タランティーノは女の子たちを魅力的に撮る人だと思う。

グラインドハウス ~デス・プルーフ&プラネット・テラー~ ビジュアル&メイキングブック
グラインドハウス ~デス・プルーフ&プラネット・テラー~ ビジュアル&メイキングブックエンタテイメント書籍編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんばんは。
TBありがとうございます。
たしかに最近の映画の中では女の子たちがいちばんイキイキしていたような気がします。三流をめざした一流映画。かっこつけてないぶん、「キル・ビル」より好きかもしれません。
【2007/09/10 21:48】 URL | ジョー #SFo5/nok [ 編集]


ジョーさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、過去の三流映画に触発されて作った映画が一流になってしまったんですよね。あの女の子の会話を全部タランティーノが書いているのもすごいし、欲望の赴くまま女の子たちにカメラを向けているのもよかったです。
【2007/09/11 00:29】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]

こんにちは
女の子を魅力的に撮るって感じ、なるほどです。あれ観てると男性よりもはるかに女のこの方が強くて面白いですよね。
プラネット・テラーも楽しみです。
【2007/10/06 05:19】 URL | カオリ #uk8eKQAQ [ 編集]


カオリさん、こんにちは。
最後盛り上がりましたねえ。湿っぽい感動系のハッピーエンドの映画が多い中で、これくらい気持ちよくスパッと終わる映画は貴重です。
【2007/10/06 10:08】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/74-4870d281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。{/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。{/hiyo_en2/}どうして?{/kaeru_en4/}タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。{/hiyo_en2/} 【映画がはねたら、都バスに乗って】【2007/09/10 21:43】

映画 【デス・プルーフ in グラインドハウス】

映画館にて「デス・プルーフ in グラインドハウス」クエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。ちなみに“グラインドハウス”とは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上映する ミチの雑記帳【2007/09/11 23:51】

デス・プルーフ in グラインドハウス

 『ドレスコードは、スリルとスピード』 コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2007/09/12 22:40】

デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア)

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち カリスマ映画論【2007/09/13 01:29】

デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。

スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。 My Favorite Things【2007/09/14 21:32】

映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』★★★★☆

(大ネタバレ注意) 70年代のB級アクション映画に大オマージュを捧げたカーアクション映画。やってくれたねぇ、タランティーノ! タランティーノ監督と私は同世代。私は彼のような超映画オタクではないけれど、同じような映画を見て育ったせいか、映画の嗜好はよく似て てっしーblog【2007/09/14 23:30】

デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア)

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち カリスマ映画論【2007/09/16 17:38】

映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米)

★★★★☆  「キル・ビル」のクエンティン・タランテイーノが B級映画を模したカーアクションを撮った。 タランテイーノの映画は人によって評価が極端に異なるが、 この映画も然り。 原題は「Quentin Tarantino's Death Proof」。 「デス・プルーフ」というのは、スタン 富久亭日乗【2007/09/18 08:11】

デス・プルーフ in グラインドハウス

毎回、通常上映で拍手が起こる映画なんて、そうザラにはないよね。まさに「爽快」!さすがタランティーノ!グラインドハウス万歳! 八ちゃんの日常空間【2007/09/20 23:54】

★「デス・プルーフ in グラインドハウス」

B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。 ひらりん的映画ブログ【2007/09/21 01:54】

DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス

  クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ 9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。さて今回のこの「デス・プルー 銅版画制作の日々【2007/09/26 01:31】

ロッキー2・DVD

ロッキー・ザ・ファイナル・DVDの予約受付が開始された事により、映画・ロッキーにご興味のある方にトラバうたせていただきました。もし宜しければ御訪問くださいませ。またご迷惑をおかけいたしましたら深くお詫びいたします。お手数をおかけいたしますが、削除していただ ロッキー・ザ・ファイナル・DVDが安い!ネット通販激安専門店♪【2007/10/02 19:47】

デス・プルーフinグラインドハウス(07・米)

これだから映画は止められない。このたび、タランティーノとロドリゲスがタッグを組んだ「グラインドハウス」の2作品。話題になっているので、遅ればせながら「デス・プルーフ」を10月1日の映画の日に観てきました。ポスターのお土産つき。(上)タランティーノ no movie no life【2007/10/06 05:17】

デス・プルーフ in グラインド・ハウス

 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に eclipse的な独り言【2008/02/23 18:11】

『デス・プルーフinグラインドハウス』\'07・米

あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想... 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2008/04/19 20:50】

【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか?

うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。 ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画【2008/05/18 01:03】

『デス・プルーフinグラインドハウス』を観たぞ~!

『デス・プルーフinグラインドハウス』を観ましたクエンティン・タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作した2本立てムービー「グラインドハウス」のうちの1本。映画オタクとして知られるクエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトす... おきらく楽天 映画生活【2008/10/13 18:30】

-

管理人の承認後に表示されます 【2009/09/23 13:23】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。