プロフィール

fumiya

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドカーに犬
サイドカーと自転車、二つの乗り物が薫(松本花奈)にとって重要な乗り物として登場する。

小学生にとって両親の存在は絶対だから、親がふらふらしていると子供はどこに立っていたらいいのか分からない。薫はしっかりしていて母親(鈴木砂羽)の言うことを聞く真面目な長女で、父親(古田新太)に対する母親の苛立ちを一番身近に受け止めて育ってきたのだろう。だから、母親の家出は薫にとって、きれい好きで厳しい母親からの一時の解放であるが、だからといってずぼらな父親の持ち込む雰囲気にも染まらず、ベッドの上で真面目に宿題をやっている。一見すると誰にも左右されない「ハードボイルドな」女の子。けれど、薫は心のどこかで、父親との安定した関係を望んでいるのではないだろうか。旅の途中で見かけたサイドーカーに乗った犬の姿に、彼女は自分を重ね合わせる。安心して父親に甘える機会は、ピリピリした雰囲気の家庭にはなかったに違いない。サイドカーに乗る夢は叶うけれど、家族関係は修復されない。父親に対する抗議の頭突きは、大声を上げたりすることのない薫にとっての心の叫びだ。

父親はまだ子供っぽいところを残している人で、弟(谷山毅)にとっていい遊び相手になるし、父親の仕事関係の人たちも遊んでくれる。しかし、ヨーコ(竹内結子)がいなかったら、薫の夏休みは寂しいものになっていただろう。母親や先生の価値観とは違う世界があることを、ヨーコは教えてくれる。ルールに厳しい母親のそばで窮屈に暮らしていた薫にとって、ヨーコとの日々はのびのびとした自由と母親に対する後ろめたさが入り交じったものになっていく。自転車はヨーコが教えてくれた自由の象徴だ。けれど、薫の父親との関係をずるずると続けてしまうヨーコは、本当は薫と同じようにサイドカーの助手席に乗りたかったのかもしれない。いつも人の左側を歩く薫を見て、自分はどちら側を歩けばいいのか分からなくなってしまったとヨーコはつぶやく。薫の頭突きは、ヨーコさんの分も含まれていたのかもしれない、薫の父親からもう来なくていいと言われ、涙ぐむヨーコの姿を薫は見ていたから。

薫の人生の中でヨーコと過ごした時間は短いのに、大人になった薫(ミムラ)の姿を見ると、決定的な影響を受けたことが分かる。釣り堀屋で子供にエサの付け方を教えるときの、子供を子供扱いしないやり方、そして自転車に乗っているときの颯爽とした姿。もう薫は、サイドカーの助手席に乗ることを夢見てはいないのだろうか。

たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌
竹内 結子

SDP 2007-06-15
売り上げランキング : 2598
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんばんは。
TBありがとうございます。
竹内結子とミムラのしぐさが似ているのがなんともいえず感慨深かったですね。子どもの視線から見た映画なのにとても大人の映画でした。
【2007/07/04 22:05】 URL | ジョー #SFo5/nok [ 編集]


ジョーさん、コメントありがとうございます。
無理に盛り上げたりしない、大人の演出でしたね。私もミムラのイメージが竹内結子のイメージと重なって、感動しました。薫が媚びない感じの女性に成長しているのがよかったですね。
【2007/07/04 23:59】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/68-ebe20c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイドカーに犬/竹内結子、松本花奈

竹内結子さんにとっては2年ぶりになる映画出演。ワタシ的には清純なお姫さまの竹内結子さんより予告編で見せているようなはっちゃっけた威勢のいいキャラのほうが合うんじゃないかなぁと思っていたのでわりと楽しみにしていた作品です。予告編はかなりノリが良くて痛快な印 カノンな日々【2007/07/01 21:54】

サイドカーに犬

竹内結子、2年ぶりのスクリーン登場!!ヨーコさんの登場と共に、刺激的な夏休みが始まる!               評価:★6点(10点満点) 2007年 9.... Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)【2007/07/04 16:19】

「サイドカーに犬」:森下五丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}ここの高校は、自動車学科もあるんだって。{/kaeru_en4/}じゃあ、ここを卒業すればサイドカーとかつくれるかな。俺のバイクにもサイドカーをつけたいんだけど。{/hiyo_en2/}うーん、それはどうかな。{/kaeru_en4/}でも、「サイドカーに犬」みたいな映画を観ると 【映画がはねたら、都バスに乗って】【2007/07/04 21:59】

『サイドカーに犬』

竹内結子といえば、僕にはNHKの「あすか」です。そうですか、あれから8年近く経つんですね。いや....実はこの映画...微妙なタイトルで観たくなりました。 映像と音は言葉にできないけれど【2007/07/06 07:01】

『サイドカーに犬』

感動度[:ハート:][:ハート:]         2007/06/23公開  (公式サイト) 切なさ[:悲しい:]爽快感[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】根岸吉太郎 【脚本】 田中晶子/真辺克彦【原作】 長 アンディの日記 シネマ版【2007/07/08 15:23】

映画「サイドカーに犬」を観ました!!(2007-17)

映画「サイドカーに犬」を観ました!!2007年の第17作目です。 馬球1964【2007/07/09 06:27】

『サイドカーに犬』

コーラの泡のように、弾ける爽やかな潤い。★★★★なつかしの80年代、小4の夏に一緒に過ごしたヨーコさんとの思い出の物語。「猛スピードで母は」の長嶋有の短編小説が原作。小説を映画化するなら、短編に限ると思っている。物語の展開なんかじゃなくて、大切なのは空気 かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2007/07/13 16:06】

映画:サイドカーに犬

サイドカーに犬(シネスイッチ銀座)「ハードボイルドなオンナだなあ、カオルは」なんだかものすごくノスタルジックな気分に浸ってしまいました。(ちょっと「おもひでぽろぽろ」を連想)自転車に乗るのに苦労したり、コーラは歯が溶けるとか、言われたり。ヤマっ気のある 駒吉の日記【2007/07/14 12:43】

サイドカーに犬

不動産会社に勤める薫は、ある朝、ふいに有給休暇を取り、馴染みの釣堀を訪ねます。そこで、釣り糸をたらしながら、父が会社を辞め母が家出をした小学校4年生の夏休みを思い出します。母が家を出た数日後、突然やってきたヨーコさんとの日々は、薫にとって実に画期的なもの 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~【2007/07/17 07:35】

『サイドカーに犬』

□作品オフィシャルサイト 『サイドカーに犬』□監督 根岸吉太郎 □原作 長嶋 有(「猛スピードで母は(サイドカーに犬)」文芸春秋刊) □脚本 田中晶子、真辺克彦 □キャスト 竹内結子、吉田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊勢 京の昼寝~♪【2007/07/19 08:57】

【2007-105】サイドカーに犬

人気ブログランキングの順位は?母が家出してから数日、その人は突然現れた・・・性格 豪快、大ざっぱ、大胆、でも時々涙あの夏、ヨーコさんが教えてくれたことコーラと清志郎と思い切り笑うことあの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。 ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2007/07/25 00:07】

映画「サイドカーに犬」を観た!

「サイドカーに犬」、原作者・長嶋有は1972年生まれ。小説「サイドカーに犬」でデビュー、文学界」2002年6月号に掲載され、第92回文学界新人賞を受賞し、2002年に「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。この2編をあわせた「猛スピードで母は」(文藝春秋刊)は、 とんとん・にっき【2007/07/31 18:04】

サイドカーに犬♪竹内結子復帰第一作

あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。 7月24日、京都みなみ会館にて鑑賞。竹内結子、二年ぶりのスクリーン登場となった作品だ何か一段と綺麗になった気がする。出産したとは思えないくらい、体形も崩れていないよね。だ!! 《物語》たまっていた有給休暇を取 銅版画制作の日々【2007/08/15 17:19】

サイドカーに犬-(映画:2007年89本目)-

監督:根岸吉太郎出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、谷山毅、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊勢谷友介、樹木希林、椎名桔平評価:84点公式サイト(ネタバレあります)1980年頃が舞台。ううむ、微妙だった。あと5年くらい若け... デコ親父はいつも減量中【2007/08/20 23:49】

映画「サイドカーに犬」

監督:根岸吉太郎出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、椎名吉平、樹木希林「不動産会社に勤める薫は有給休暇を取り自転車でいつもの釣堀にいた。そこで、20年前薫10歳の頃、母が家出をした時に家事を手伝いに来てくれていたヨーコさ 日々のつぶやき【2007/08/22 16:32】

mini review 07278「サイドカーに犬」★★★★★★☆☆☆☆

芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女性 サーカスな日々【2008/02/25 14:45】

サイドカーに犬 DVD

「サイドカーに犬」のDVDを見ました~♪ ある夏、薫の前に現れたヨーコ、子供だった薫が大人の世界に一歩踏み出す、そんなきっかけを作ってくれた。そんな出会いを綴った映画ですねぇ~♪ でも、設定がちょっとおかしくない?山口百恵が引退したのって1980年だよ... 観たよ~ん~【2008/10/19 07:51】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。