プロフィール

fumiya

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう
古市忠夫という実在の人物を赤井英和が演じているのだが、外見は似ていなし、赤井英和は誰かになりきろうとしているというよりも、関西ローカルのテレビに出ているときと変わらないいつもの赤井英和として動き、しゃべっている。しかし、頼りがいがあるのかないのかつかみどころがなく、それでいて人望がある下町の関西人のおっちゃんが、画面上にちゃんと存在している。「下町の関西人のおっさん」をそのまま体現しているという点で、他のどんな芸達者な役者よりも、彼はこの役にぴったりだ。吉本のお笑い芸人が顔を出しても違和感なく、河島英五の歌が流れ、田中好子との掛け合いも夫婦漫才のように見える、そんな世界が彼にはよく似合う。

震災の場面(自分の居場所が失われ、すぐ側にいた人が呆気なく死んでいくという恐怖が的確に描かれている)とゴルフの場面はそれぞれ良くできているものの、二つを違和感なく組み合わせるのは難しい。二つをつなぐ役割を果たしているのは下町の人々とのやりとり(自分で考えた訳の分からない練習を下町でしている)と、家庭での妻とのやりとりだ。震災後には町の先頭に立ち妻を感心させたかと思えば、その後は働かずぐうたら暮らし、急に思い立ってプロゴルファーになると言って妻を呆れさせる。このつかみどころのない男のキャラクターが、映画の前半と後半を強引につないでいる。

震災やゴルフの場面のように広い空間を使ったシーンから、家庭内の狭い空間を使ったシーンまで、万田邦敏監督は的確に演出している。特に家庭内の場面では、彼が室内の狭い空間を見事に演出したUnlovedの監督でもあることを、想い出させてくれる。

UN loved
UN loved万田邦敏 万田珠美 森口瑶子

おすすめ平均
stars重厚な台詞に馴染めるならば
starsすごい!!!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
河島英五さんが好きです
こんにちは
たれぱんだと申します。

私は河島英五さんが好きです。
「てんびんばかり」「忘れもの」・・・
すべて好きです。
その想いをブログに書いています。
http://plaza.rakuten.co.jp/eigosan/
http://eigo-hp.hp.infoseek.co.jp/index.html

映画『ありがとう』も素晴らしいと思います。
【2006/11/30 10:34】 URL | たれぱんだ #u9JyPLwE [ 編集]

ありがとう
いい映画でした。
カメラと人物の位置の的確さは、絶品でしたね。

てなわけで、TBありがとうございました。
【2006/11/30 12:00】 URL | にら #lcbXb0/Q [ 編集]


にらさん、こんばんは。
芝居の質が今までの万田作品と違うので驚きましたが、いい映画でした。これで万田監督にもっと作品を作るチャンスが巡ってくればいいんですが。
【2006/12/01 01:03】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/42-f9073202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ありがとう』

----この映画、阪神淡路大震災が背景になっているんだよね。監督が万田邦敏って、あまりイメージじゃないね。「うん。なんと言っても問題作『unloved』の監督だからね。あの映画では、ヒロインが自分の生活に満足し、裕福で社会的に成功した男からの仕事の話や愛を拒む。で ラムの大通り【2006/11/29 23:41】

ありがとう

感謝の気持ちは忘れちゃならない・・・エンドクレジットも極端に大きな文字だったことが証明している。 ネタバレ映画館【2006/11/29 23:47】

感想/ありがとう(試写)

阪神大震災がモチーフの実話ベースムービー『ありがとう』11月25日公開。震災の恐怖と街の復興、そしてこの大災害を通して一念発起、プロゴルファーをめざし始めるひとりの実在の父親にフォーカスして、その愛と勇気と家族の姿を描く。ありがとう序盤で震災の恐ろしさを改め APRIL FOOLS【2006/11/30 00:50】

『ありがとう』

震災のあの日、『日本沈没』の田所博士は、スゥエット姿で屋根に登っていたのでした。 ねこのひたい~絵日記室【2006/11/30 12:08】

ありがとう

“ありがとう”大切なのは、感謝して生きる気持ち。これは、再び笑顔を取り戻した人々の勇気と感動の実話なのです。1995年1月17日未明、神戸市を突然の激しい揺れが襲った。寝室で寝ていた忠夫は、妻・千賀代と二人の娘を非難させ、自分は災害救助にあたる。やがて火の.... パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2006/11/30 13:44】

映画「ありがとう」

あれからまだ、12年も経ってないんだよね、もう随分昔の遠い出来事のように感じてしまうのだが・・彼は59歳11ヶ月の史上最年長でプロテストに合格した 1995年1月17日、真冬の夜のまだ明けきらぬとき、それは突然やってきた、阪神淡路大震災・・古市忠夫(赤井 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2006/12/06 01:14】

ありがとう

期待値:88%  1995年に起こった阪神大震災が舞台。 赤井英和、田中好子、薬師丸ひろ子出演。他に 週末映画!【2006/12/09 01:19】

【劇場鑑賞131】ありがとう

大切なのは、感謝して生きる気持ち。1995年1月17日 阪神淡路大震災発生これは、再び笑顔を取り戻した人々の勇気と感動の実話。苦しなったら顔上げて、奥歯折れるまでかみしめて、笑うんやで。 ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2006/12/09 09:55】

ありがとう

11月25日全国ロードショー  出演 赤井英和、田中好子、薬師丸ひろ子 ほか   いろいろと【2006/12/10 22:46】

実話に基づく感動巨編「ありがとう」見てきました。

 もう終了間近ですが、ありがとう見てきました。いつも行く映画館では昼間しかやっていないので、会社帰りに見に行くこともできずに、遅くなってしまいました。 よしなしごと【2006/12/17 03:15】

映画「ありがとう」

知っているところがいっぱいでてきました。まず冒頭のヘリで向かう神戸の街の風景でぐっときてしまいます。自分の街を上空から眺めるだけでどうしてそんなと思われるかもしれませんが、神戸の上空をヘリで飛ぶシーンはどうしてもあの、震災のときのヘリからの光景が目に浮か 神戸トピックス【2006/12/17 20:37】

ありがとう

16日は「硫黄島からの手紙」、「暗いところで待ち合わせ -Waiting in the Dark-」を観たんですが、ま、 欧風【2006/12/22 06:30】

「ありがとう」:虎ノ門二丁目バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}「日本消防会館」って日本中の消防士がいるのかな。{/hiyo_en2/}消防署じゃないから、ここにはいないと思うけど。{/kaeru_en4/}阪神・淡路大震災のときは、消防士も大活躍だったけどな。{/hiyo_en2/}消防士じゃないけど、被災者の救出に大活躍した町の写真屋さ 【映画がはねたら、都バスに乗って】【2006/12/22 21:57】

ありがとう

冒頭の震災のシーン「日本沈没」よりリアリティがあり、恐ろしかった。おそらくあの時の恐怖を思い出す人もいるのではないだろうか…。長く住んだ町が崩壊する、何もかも失う。考えただけでも恐ろしい。 八ちゃんの日常空間【2006/12/28 01:29】

ありがとう

 『1995年1月17日 阪神淡路大震災発生 これは、再び笑顔を取り戻した人々の 勇気と感動の実話。』  コチラの「ありがとう」は、11/25公開の文部科学省選定、文化庁支援、日本赤十字社支援って言うちょっと堅苦しい感じのしちゃう映画なんですが、試写会で観てきちゃ... ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2007/12/18 23:26】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。