プロフィール

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親たちの星条旗
写真にはフレームがあり、カメラマンは撮影の時に構図を考え、フレームの内に入れるものと外に出すものを選別する。写真が現実を写すといっても、それは当然撮影者によって選ばれた現実の一部にすぎない。ところが人はそのことをしばしば忘れる。硫黄島で米兵が国旗を掲げる有名な写真を見たものの大半は、その写真の外側に広がる地獄絵図を想像することができない。戦争の「英雄」たちに拍手を送るものたちの大半は、無数の無名の兵士たちが血を流している戦場を見ようとはしない。

戦場から呼び戻された三人の兵士たち(ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ)は、写真に写っていた英雄として喝采を浴び、戦争国債を売りたい政府に利用される。上手く適応して自分を売り込もうとするものもいれば、戦場とのギャップに耐えきれず酒におぼれる者もいる。あの写真を見て安全な場所で勝利に酔いしれている者たちは、戦場での彼らの生活も、戦後の彼らの生活も想像することはない。彼らは戦場で敵の銃弾に傷つき、国に戻って周りの無理解と無神経な振る舞いに傷つく。イーストウッド監督はこの映画で最前線の兵士たちの目から見た戦争を描いている。彼らにとって戦争は終わっていない。一度戦場に行ったものは、戦争から逃れることはできない。それは生涯、兵士たちを苦しめ続ける。

無名の兵士たちは戦場から帰れば無名の市民たちに戻っていく。しかし、有名になってしまった三人の兵士にはそれすら許されない。彼らは戦争について話すことを求められる。血なまぐさい戦場の真実ではなく、適度に人の愛国心と好奇心を満足させる戦場の美談を。あの写真には兵士たちの顔は写っていない。皮肉なことに、無名の兵士たちの行為を写し取っている写真が、人々の好奇心を刺激し、彼らを有名にしてしまう。しかし、莫大な額の国債を売ることに貢献した彼らの手元には、何も残らない。学歴などの有利な条件を持たない彼らには、戦争前と同じ生活水準の暮らしが待っている。

衛生兵、と呼ぶ声が戦場のあちこちから聞こえる。衛生兵ドクはその声に応え、銃弾が飛び交う中を走り続ける。しかし大半の兵士は手当の甲斐なく死んでゆく。その記憶は、年老いて死ぬ間際まで彼の頭を離れない。彼の行為は、目の前にいる、生身の体を持ち、血を流している戦友たちのためのものだ。「戦友」のためにしたことが「国」のため、と言い換えられる。確かに、戦争は国と国との戦いだが、味方の誤爆で命を落とすものさえいるような戦場から帰還したものは、この言い換えに違和感を覚える。衛生兵、と呼ぶ兵士たちは、どんなひどい傷を負っていても生きることを望んでいる。今も世界中の戦場で聞こえる兵士たちの声を、僕たちは聞き取らねばならない。

硫黄島―太平洋戦争死闘記
硫黄島―太平洋戦争死闘記リチャード・F. ニューカム Richard F. Newcomb 田中 至

おすすめ平均
starsアメリカ側からの視点
stars戦争はダメ
stars争いのない世界を・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
見応えのある作品でした
こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからも、コメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、戦争とそこにある社会と個々の密接な繋がりを細やかに描いており、争いに対してのクリント・イーストウッド氏の静かながら強い視点を十二分に感じさせられる力作でありました。
そして、二部作の完結編である、映画『 硫黄島からの手紙 ( RED SUN,BLACK SAND/LETTERS FROM IWO JIMA ) 』 ( ‘06年 アメリカ )の方もとても観てみたいです。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
【2006/10/28 19:42】 URL | たろ #/Qo2uXNc [ 編集]


たろさん、コメントありがとうございます。
戦場の描写もすごかったですが、社会に戻ったあとに無理解にさらされる彼らの描写が、非常にすばらしかったですね。
【2006/10/28 19:52】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]

こんにちは!
親父がこの作品を観てえらく感動したと言ってました。
硫黄島すら知らなかった僕には、戦争の本質ってのは一生分からないと思うけど、
こういう作品を観て、少しでも何かを学べればな…と思います。
【2006/10/30 19:08】 URL | KING MONKEY #- [ 編集]


King Monkeyさん、こんばんは。
戦場に行く者と、戦場に送り出す者がいて、送り出す者たちの中には無神経で無責任な人たちがいる、というのはいつの時代も変わらないんでしょうね。英雄と称賛することが逆に兵士たちを傷つけていく様子が、痛々しかったです。
【2006/10/30 20:46】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/36-2b6ed02a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

試写会「父親たちの星条旗」

昨夜は、ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「父親たちの星条旗」の試写会に出席してきましたクリント・イーストウッド監督による戦争大作”硫黄島二部作”の第1弾。歴史的に有名な報道写真”硫黄島での国旗掲揚”に写された英雄たちを主人公に、米軍史上最大の犠牲.. 日々“是”精進!【2006/10/28 19:38】

試写会鑑賞 ヤマハホール、よみうりホールにて ~ クリント・イーストウッド 「 父親たちの星条旗 」

こんにちは。風が強く肌寒い、曇りの火曜日です。今日は、日曜日に ヤマハホール、昨日 よみうりホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、クリント・イーストウッド氏の新作映画について。『 父親たちの星条旗 ( FLAGS OF OUR FATHERS ) 』 ( ‘0 ** Paradise Garage **【2006/10/28 19:40】

『父親たちの星条旗』

監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他STORY:太平洋戦争以来、最も多くのアメリカ軍の犠牲者が出ていた硫黄島の戦い。その壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲げる写真が話題になる。そして、その写真に写っている、ジョン・”ドク **Sweet Days**【2006/10/28 20:01】

■週末の学び10/27「硫黄島」~父親たちの星条旗-硫黄島からの手紙~

超話題作です!いよいよ封切りです。 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!【2006/10/28 21:29】

「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史

言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておくほうがいい 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ【2006/10/28 21:47】

父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers

クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本!と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。+スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/}ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていたかもしれない。 我想一個人映画美的女人blog【2006/10/29 00:27】

超ド級の戦争ドラマ『父親たちの星条旗』★★★★★

(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks L.L.C. アメリカ軍が日本とサイパンを結ぶ中間点にある外周わずか22kmの硫黄島に上陸したのは1945年2月19日。上陸作戦の主力だった海兵隊は、栗林忠道中将率いる日本陸軍兵22,000人の決死の猛反撃に遭い、3月26 The MouvieBuff Diaries【2006/10/29 00:44】

『父親たちの星条旗』

(昔では考えられなかった)イーストウッドがスピルバーグと手を組んだ珍しい作品で、脚本には『ミリオンダラー・ベイビー』や『クラッシュ』のポール・ハギスという豪華布陣です。 映像と音は言葉にできないけれど【2006/10/29 07:22】

父親たちの星条旗

 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。 ネタバレ映画館【2006/10/29 09:05】

映画のご紹介(201) 父親たちの星条旗

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(201) 父親たちの星条旗-戦争の最前線では、オールマイティな英雄は存在しない。この映画は、アメリカ側から見た「硫黄島の闘い」を映画化したもので、年末には、日本側から見た「.... ヒューマン=ブラック・ボックス【2006/10/29 09:22】

「父親たちの星条旗」:上野広小路バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}あのアメリカの旗をデザインした看板は何?{/kaeru_en4/}アメリカ屋。いろんなアメリカ製品を売ってる。{/hiyo_en2/}旗とかも売ってるのかしら。{/kaeru_en4/}硫黄島で最初に立てたほうの旗も売ってたりしてな。{/kaeru_en4/}まさか。{/kaeru_en4/}ほんと、「ま 【映画がはねたら、都バスに乗って】【2006/10/29 12:56】

父親たちの星条旗

満 足 度:★★★★★★★      (★×10=満点)監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリー・ペッパ ★試写会中毒★【2006/10/29 13:04】

父親たちの星条旗

 ちょっと、イーストウッドが鼻についてきました。「ミシシッピー・リバー」、「ミ eclipse的な独り言【2006/10/29 16:01】

父親たちの星条旗

かなりハードな映画だった。 たぶん、今まで観た戦争映画の中でも、強烈な印象を与えるものだと思う。 しかも、その語り口は静かなものであるので、なおさら染み入るものであった。 反米嫌日戦線「狼」(一輝まんだら)【2006/10/29 17:33】

父親たちの星条旗

「父親たちの星条旗」 FLAGS OF OUR FATHERS/製作:2006年 映画通の部屋【2006/10/29 19:28】

父親たちの星条旗

父が最後まで語らなかった硫黄島。息子がたどり着いた、その真実とは?・・・・日本の硫黄島で撮られた一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えたことを。太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷... パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2006/10/29 23:21】

父親たちの星条旗

 ちょっと、イーストウッドが鼻についてきました。「ミシシッピー・リバー」、「ミ eclipse的な独り言【2006/10/30 05:17】

父親たちの星条旗

        評価:★9点(満点10点) 2006年 132min監督:クリント・イーストウッド主演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード    アダム・ビーチ ポール・ウォーカー... Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)【2006/10/30 21:44】

『父親たちの星条旗』鑑賞!

『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー!世界が忘れてはいけない島がある。戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。アメリカ側の視点から描かれた『父親たちの星条旗』は、歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ"摺鉢山にアメリカ国旗を揚げる5人の海兵隊員と1人の海軍 ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!【2006/10/31 00:24】

映画「父親たちの星条旗」

2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。硫黄島の.. しょうちゃんの映画ブログ【2006/10/31 01:10】

父親たちの星条旗 2006-59

「父親たちの星条旗」を観てきました~♪太平洋戦争の末期、硫黄島へ向かうアメリカ海兵隊。5日で終わるはずの戦闘が、攻略するんに5倍以上の日数を要するほどの徹底抵抗にあった。ちょうどアメリカ本国内では、長引く戦争に対する嫌悪感が噴出し始めていた・・・人気Bl 観たよ~ん~【2006/10/31 06:50】

父親たちの星条旗

やりきれない悲しみと苦しさの後ろから,人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。 Akira's VOICE【2006/10/31 11:34】

「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」

監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ MoonDreamWorks★Fc2【2006/10/31 13:38】

父親たちの星条旗

戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ 悠雅的生活【2006/10/31 20:29】

「父親たちの星条旗」

映画のジャンルに、記録映画とドキュメンタリーと、フェクションとノンフェクションがあるならば、この「父親たちの星条旗」は、限りなく記録映画を見ている気持ちになる、ドキュメンタリーに見えるノンフェクション映画。 しんのすけの イッツマイライフ【2006/10/31 23:50】

父親たちの星条旗

特別試写会のハガキが送られてきたんですけど封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。適当に応募したのが当たったのか?それすらも忘却の彼方。でもラッキー。(^^)太平洋戦争末期の1945年2月、硫黄島。日本の領 映画、言いたい放題!【2006/11/01 12:53】

父親たちの星条旗

28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。そして2本目に観たのが 欧風【2006/11/01 20:07】

【劇場映画】 父親たちの星条旗

≪ストーリー≫第二次世界大戦末期、後に硫黄島陥落のモニュメントとなった、“摺鉢山にアメリカ国旗を掲げる5人の海兵隊員と1人の海軍兵士の写真”のエピソードを基に、アメリカ側の視点で描く。その写真は、長引く戦争に疲弊したアメリカ国民の士気を上げるために利用され ナマケモノの穴【2006/11/01 22:05】

FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』

この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。その写真は1945年2月23日、日本の領土であ 銅版画制作の日々【2006/11/02 00:09】

人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】

この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと 犬も歩けばBohにあたる!【2006/11/03 01:10】

父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている

 クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 昨年の「ミリオンダラー・ベイビー」で、イーストウッドの監督としての力量にノックアウトされた私は、早速鑑賞... シカゴ発 映画の精神医学【2006/11/03 10:27】

【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS)

戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2006/11/03 17:35】

映画「父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers)」

●アメリカ映画を読み解く最重要キーワード「ヒーロー」を題材に、プロパガンダに利用するために「英雄にされた」若者たちの姿を冷静に力強く描いた力作●プロパガンダによく利用される戦争映画の構造と内幕を、戦争映画で浮き彫りにした手法がズバ抜けている。日米双方それ わかりやすさとストーリー【2006/11/03 21:21】

東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映

東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。今年も行ってきました。出演者の舞台挨拶は地味目でした。一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。「父親たちの星条旗」★★★★オススメライアン・フィリ... soramove【2006/11/04 01:50】

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗 (監督 クリント・イーストウッド)原題: Flags of Our Fathers (2006)2006年10月28日 日本初公開公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン8 E-14ウィンブル・シート2006年11月1日(水)9時4 映画と本と音楽にあふれた英語塾【2006/11/04 17:22】

父親たちの星条旗(06・米)

原題 Flag Of Our Fathers ―「Show the flag」と米国からわが国が言われたことはまだ記憶に新しいだろう。flagとは「国旗」、米国ではすなわち「星条旗」のことである。クリント・イーストウッド監督作品、「硫黄島2部作」の第1作。米国から見た硫黄島での no movie no life【2006/11/05 01:58】

◆『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)、『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プ...

―&『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン〔侯孝賢〕)鑑賞前メモおはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。11月4日の朝を迎えました。^^11月3日の「文化の日」を含むこの3連休、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。さて、この3連休を使って、紅葉見物〔◆全国紅葉 太陽がくれた季節【2006/11/05 15:45】

「父親たちの星条旗」は言っている。

2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミスティ やまたくの音吐朗々Diary【2006/11/06 10:34】

父親たちの星条旗(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド)

【新宿ミラノ座】太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させ CINEMANIAX!【2006/11/06 21:12】

「父親たちの星条旗」は言っている。

2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミスティ やまたくの音吐朗々Diary【2006/11/06 21:55】

「父親たちの星条旗」見てきました

 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。 よしなしごと【2006/11/07 03:05】

★「父親たちの星条旗」

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。 ひらりん的映画ブログ【2006/11/07 04:46】

父親たちの星条旗

戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ 悠雅的生活【2006/11/08 10:37】

父親たちの星条旗

「父親たちの星条旗」を観た。公開は28日からだが、一足先に試写会で観るチャンスを得たのだ。監督はクリント・イーストウッド。前作「ミリオンダラー・ベイビー」で2度目となるアカデミー賞を獲得した監督だ u-SIDE【こらむ茶】【2006/11/09 08:14】

父親たちの星条旗by高村英次さん

メールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」最新号(第七号)から、『父親たちの星条旗』のコメントを続けます。札幌の映画ライター高村英次さんは、裏ベストにご選出でした。当然ベストに入れるべきですが、公開中なので裏ベストに。複雑な原作をさらに複雑にした.. 試写室だより ただいま編集中!【2006/11/10 14:43】

「父親たちの星条旗」とシカゴ~ソルジャー・フィールドの歴史とトリビア

 「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争というと「過去のもの」という印象なのでしょうが、... シカゴ発 映画の精神医学【2006/11/12 07:02】

父親たちの星条旗

 評価/★★★☆☆(ユナイテッド・シネマにて鑑賞) 監督:クリント・イーストウッド このブログでも再三言いましたが、自分にとってもっとも相性の悪い監督が何を隠そうこのクリント・イーストウッド監督なのです。 もう何を見せたいのか自分には何故... ギョニー・デップの界王拳【2006/11/12 17:58】

「父親たちの星条旗」

 「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック「父親たちの星条旗」 ★★★☆Flags of Our Fathers (2006年アメリカ)監督:クリント・イーストウッド製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ NUMB【2006/11/13 20:12】

「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る

イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい はらやんの映画徒然草【2006/11/14 22:58】

「父親たちの星条旗」

*****************************太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も湧き出す火 ば○こう○ちの納得いかないコーナー【2006/11/19 02:33】

父親たちの星条旗

 『プライベート・ライアン』を思わせる激しい戦闘シーンが繰りひろげられますが、その実は『シン・レッド・ライン』のような戦争の無常観を表現した シネクリシェ【2006/11/19 07:24】

父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers)

監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実に物 Subterranean サブタレイニアン【2006/11/21 13:44】

▼ クリントイーストウッドは語る

こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。管理人の黒須と申します。今回,クリント・イーストウッド関連の記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でしたらお手数でも削除してください。よろしくお願い申し上げ 書きたいことを書くブログ【2006/12/01 12:03】

「父親たちの星条旗」

今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより)「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた 共通テーマ【2006/12/18 20:27】

父親たちの星条旗(映画館)

戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 ひるめし。【2006/12/23 22:36】

『父親たちの星条旗』’06・米

あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によっ.. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2007/02/13 19:25】

父親たちの星条旗

 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ~♪  確か教科書にも ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/04/09 20:15】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。