プロフィール

fumiya

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれる
記憶というのは、思い出すたびに変わっていくのかもしれない。早川猛(オダギリジョー)のいた場所から早川稔(香川照之)と川端智恵子(真木よう子)のいる吊り橋までは距離があり、そんなにはっきりとやりとりが見えるわけではなく、何を言っていたかはほとんど分からない。しかし、裁判が進み、兄と何度も面会を重ねるうちに、彼の中の記憶は遠のくどころかむしろ鮮明になっていく。彼の過去の記憶には、明らかに彼の現在の心理、特に兄に対する屈折した心理が反映されている。

兄と弟、男と女、都市と地方、いくつもの軸を巧みに組み合わせた脚本がすばらしい。智恵子から見た場合、同じ職場で働く真面目で優しい稔との会話は穏やかで落ち着いていて、そして物足りない。彼女が異性として惹かれているのは猛であり、また彼と暮らすことは地方の閉ざされた世界から解き放たれること意味する。この地方で周りの人間から信頼され、頼りにされている稔は、実家のガソリンスタンドを経営し、母亡き後は父の面倒を見て、職場では客とのトラブルを引き受ける。そんな穏やかな彼の中には実は東京で華々しく活躍する弟への隠された負の感情がある。実家を出て東京で有名カメラマンとして活躍する猛は、地方で援実に暮らす兄に対して、いろんな責任を押しつけてきた負い目と、見下した優越感の両方を持っている。智恵子と寝たのは兄に対する優越感を確認するための一時の衝動であって、彼女の面倒を見るつもりなど全くない。

実直な稔が面会室で猛に対する負の感情を爆発させる場面は、見ていて背筋がぞっとするような生々しさがある。猛の中で、真面目で優しい兄のイメージが崩れていき、それと同時に兄から突きつけられた醜い自分のイメージにも耐えられない。おそらく、裁判の過程で猛の中の兄のイメージが変わって行くにつれ、彼が見た吊り橋の記憶も変わっているのだろう。「彼女は兄に突き落とされました」という言葉は、「兄は僕を突き放しました」ということでもあり、「僕は今の兄を堕とすことで昔の兄のイメージを取り戻す」ことでもある。

記憶がいかに危うく揺れ動くものなのか、ということを、この映画は観客に突きつける。7年後に彼がビデオテープで見た子供の頃の場面を、彼は全く覚えていなかった。今は仲違いしている父と楽しく遊び、自分が監獄に堕とした兄に手を引いてもらっている自分の姿。自分や他人の姿を、記憶の中でこんなにもねじ曲げて、僕たちは生きているのだろうか。

ゆれる
ゆれる西川 美和

おすすめ平均
starsひさしぶりに面白い小説に出会いました。
starsぞくっとする読後感。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんは。

>「彼女は兄に突き落とされました」という言葉は、
「兄は僕を突き放しました」といことでもあり、
「僕は今の兄を堕とすことで昔の兄のイメージを取り戻す」ことでもある。

まさにこれにつきますね。
また、観たくなりました。
【2006/07/23 00:22】 URL | えい #- [ 編集]


えいさん
1つの場面やセリフにいくつもの意味を持たせてある、巧みな脚本に驚きました。
【2006/07/23 00:35】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]

こんにちは。
こんにちは。
あまりに盛りだくさんのメッセージがあり、
消化不良だった箇所が、
「そうだ!」とfumiyaさんの文章を読んで納得できました。
本当にすばらしい映画でしたね。
トラックバックもありがとうございました。
【2006/09/19 06:15】 URL | じゅんこ #- [ 編集]


じゅんこさん、コメントありがとうございます。
観客にはっきりとした答えを与えないようなところはありますが、それもこの映画の魅力ですね。
【2006/09/19 22:00】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]

初めまして
先日、小さな町の映画館でやっているのを観てきましたが、衝撃の映画でした。
ひとつひとつのシーンが、全て死ぬことなく、最後まで意味を持たせていて。
特に印象的なのは、オンボロ外車をかけようとして涙を流すあのシーンです。あまり詳しく話すのはネタバレなので無理ですが……。
暗いだけの内容だと覚悟していただけに、死ぬまで心に残るだろう傑作でしたね。

Kinetic Vision、丁寧なレビューが凄く好きです。僕も文章を書くのが好きなので自分のブログで見習っています。
これからも楽しみにしています。
【2007/02/15 01:54】 URL | のび太は受験生 #- [ 編集]


のび太は受験生さん、初めまして。
BLOG RADIO、映画だけではなくて小説のレビューも丁寧に書かれていていいですね。長編小説は短いレビューでまとめるのが難しそうですね。

この映画の俳優は三人ともすばらしかったですね。自分の記憶の中にいる兄と現実の兄、二つは微妙にずれていて、揺れ動いているんですよね。自分がどれだけ目の前にいる他人をちゃんと見つめているか、歪んで認識していないか、いろいろ考えさせられました。
【2007/02/15 23:44】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]

こんにちは!
fumiyaさんはじめまして。
トラックバックさせていただきありがとうございます。

fumiyaさんのレビューを拝見して、
なるほどと納得できた部分がたくさんありました。

しかし素晴らしい作品だったと思います。

それではまた、
ごきげんよう。
【2007/04/21 15:55】 URL | T.Sato #tk3Wq1nI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/23-f243bcf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゆれる』

「ちょっと気が早いけど、この映画はぼくの上半期邦画の暫定ベストワン!」----そりゃ、また大胆な……。この映画って確か『蛇イチゴ』の監督だよね。「そう。西川美和。前作の『蛇イチゴ』を観たとき、まだ20代の監督がどうしてここまで洞察力に富んだ映画を作れるんだろう ラムの大通り【2006/07/23 00:23】

ゆれる

東京で写真家として名を上げている弟の猛(オダギリジョー)地元で家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之)そして二人の幼なじみの智恵子(真木よう子)この三人をめぐるサスペンス。ただのサスペンスでもない。感情を激しく揺さぶる内面に隠れた何かへの負い目。段 シャーロットの涙【2006/07/23 01:16】

ゆれる/オダギリジョー、香川照之、真木よう子

ホントは公開初日に行きたかったんだけど直前にTVでこの作品をよく取り上げだした上にさらに褒めちぎるもんだから、ミニシアター系作品でコレだと絶対混むなぁと思って平日初日にしてみたら、それでも立見がでる盛況ぶりでしたヨ。TVのアナウンス効果は絶大ですね。監督は「 カノンな日々【2006/07/23 01:22】

『ゆれる』

監督:西川美和CAST:オダギリジョー、香川照之 他東京でカメラマンをしている早川猛(オダギリ)は、母の一周忌の為に帰省する。翌日、温厚で優しい兄の稔(香川照之)と幼なじみの智恵子と猛の三人で、幼い頃に兄弟でよく行った蓮美渓谷へ向かう・・・・良かったぁ・ *Sweet Days*  ~movie,music etc...~【2006/07/23 06:47】

映画「ゆれる」を観て

 正直に言っていいですか? とみのひとりごと【2006/07/23 17:17】

ゆれる

  東京でカメラマンをやっている猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰郷する。 兄・稔(香川照之)とは良好な関係を保ちつつも、父とは折り合いが悪い。 久しぶりに幼馴染の智恵子(真木よう子)と渓谷へと向かい、遊びに興じる。  智恵子の.... とにかく、映画好きなもので。【2006/07/23 19:55】

ゆれる(2006/日本/西川美和)

【アミューズCQN@渋谷】東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(オダギリジョー)。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父(伊武雅刀)と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔(香川照之)と再会する。猛は頑固な父とは折り合いが悪かったが、温厚な稔が CINEMANIAX!【2006/07/24 22:05】

「ゆれる」心地良い揺れのなか映画の魔法にかかる

「ゆれる」★★★★オダギリジョー、香川照之 主演西川美和 監督、2006年眩しいくらいの緑の反射を受けてゆれる吊り橋。大いなる自然のなかで、それはあまりに頼りない。人の命を預けられるのか不安になる。くだらないものや実験的な映画をわざ... soramove【2006/07/26 22:02】

61.ゆれる

深くこころを揺さぶられる、出作の出来映え・・・オダギリジョーは、カッコイイばかりでなく、演技も本当に心に残るものだった。 レザボアCATs【2006/07/27 00:51】

ゆれる(日本)

23日(金)、「ゆれる」の試写会に行ってきました。2006年カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品作品だって。( → 公式HP  ) 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子上映時間:119分オダギリジョーは、東京で成功した 映画でココロの筋トレ【2006/07/28 21:12】

ゆれる

東京で写真家として成功している猛は、母の一周忌で久しぶりに帰郷し、兄の稔と兄の下で働いている幼馴染の智恵子の3人で、かつて家族で遊びに行った近くの渓谷に出かけます。智恵子と稔の二人が渓谷にかかった吊橋の上にいた時、智恵子が下の川に転落してしまいます。事故 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~【2006/07/29 22:19】

「ゆれる」でゆれる

映画「ゆれる」を観てきました。ぐらぐらとゆれる吊り橋である事件が起きるんですけど、事件以降の心の「ゆれる」様に、何だか観ているこっちの気持ちもゆれてきちゃいました。心理的な心の動きを楽しむ映画ですかね。特に兄弟がいる人が観ると、映画が終わった.... Thanksgiving Day【2006/08/01 21:03】

ゆれる オダギリジョー

映画「ゆれる」を京都シネマにて鑑賞・・・・。実はストーリーも知らず、この映画にオダギリジョーと香川照之が兄弟役で競演しているとだけの情報で、観に行きました。弟猛(オダギリ)は故郷を離れて、東京で売れっ子の写真家、兄稔(香川)は地元で父(伊武雅刀)とガソリ 銅版画制作の日々【2006/08/02 23:01】

「ゆれる」

・・・・吊り橋を渡るまでは、兄弟でした。 ★★★★☆ 原案・監督・脚本:西川美和 主演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三 東京でカメラマンの仕事をする猛は母の一周忌のため帰郷する。真面目 映画を中途半端に斬る。【2006/08/04 01:33】

【劇場鑑賞77】ゆれる

弟―東京の売れっ子カメラマン兄―家業を継いだ独身の男事故か 殺人か愛情か 憎しみかあの橋を渡るまでは、兄弟でした。 ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2006/08/05 01:05】

「ゆれる」~香川照之の怪演光る

 観客の8割はオダギリジョー目当てと思われる女性。満員の京都シネマで、「ゆれる」(西川美和監督)を観た。オダギリジョーは、ぼさぼさのひげ姿だが、ハンサムでセクシーすぎて、男にとっては敵意すら感じる美しさだ。香川照之が兄役を演じる。この兄弟の心のあやが、映 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記【2006/08/06 20:27】

【劇場映画】 ゆれる

≪ストーリー≫写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを ナマケモノの穴【2006/08/06 20:32】

ゆれる

このところ、「あいち国際女性映画祭」の「女性」がいったい何を指しているのか、実はあまり知られていないようだと感じることが結構あります。事務局への問い合わせなどでも、「この映画祭は男性でも観られますか?」などと問い合わせが入ったりするらしいです。もちろん、 あいち国際女性映画祭ANNEX-cinemado's BLOG【2006/08/09 15:13】

『ゆれる』

'06.07.26 Tと『ゆれる』@新宿武蔵野館これは気になった。公開間もないレディースデーだったのでレイトでも満員。「兄と幼なじみの智恵子と出掛けた渓谷。智恵子が吊橋から転落死する。兄が突き落としたのか? 弟は何を見たのか?」良く出来てる。引き込まれ... ・*・ etoile ・*・【2006/08/16 01:39】

『ゆれる』

リアル度[:スペード:][:スペード:][:スペード:][:スペード:]      2006/07/08公開  (公式サイト)緊迫感 [:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:] 満足度 [:星:][:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】西川美和【原案】西川美和【脚本】西川美和【出演】オダギリジョー/ アンディの日記 シネマ版【2006/08/17 13:44】

映画:ゆれる

ゆれる@銀座テアトルシネマ「兄を取り戻したい」やっと観れた~!感想は・・・怖いし苦い。人は時に自分が見たいものだけみる、見たくないものは見なかったことにしたりもする。自分の身内が人を殺すなんて信じたくない、想像もしたくない。何かの間違いや事故だ 駒吉の日記【2006/08/18 15:05】

崩壊と再生?~『ゆれる』

 残酷で怖い映画だ。肉親が「いちばん身近で理解し合える存在」と思うのは、ある種幻想なのか。実は、ささいなことが原因で一瞬にして破綻する、非常にもろくて危うい関係かもしれないと恐ろしくなった。 性格も容姿も正反対の兄弟を演じた、オダギリジョーと香川照之が実 まったりインドア系【2006/08/19 09:17】

ゆれる

ゆうらリと こころゆらゆら たまゆらの  ゆれた。何が。心が。どうして。「ゆれる」を観たから。私たちは、毎日吊り橋を渡っているようなものかもしれない。あるいは、吊り橋を渡ってきた記憶が私たちの一人一人の人生をつないでいるのかもしれない。切なく、そう実感さ 空想俳人日記【2006/08/19 13:25】

西川美和と「ゆれる」

 7月8日。心を打つ新作映画の上映が日本各地で始まった。そのタイトルは「ゆれる」。驚くべきことは、この映画の監督がまだ32歳の女性であることだ。  故郷を遠く離れて東京でカメラマンとして成功している弟の猛が、母親の一周忌に久々に里帰りし、田舎町で父とガソリン 東京流行通訊【2006/08/19 22:13】

「 ゆ れ る 」

東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。(「BOOK」データベースより)『蛇イチゴ』の監督西川美和がオダ 共通テーマ【2006/08/22 13:02】

■ゆれる~”蛇イチゴ”の西川美和監督作品

お決まりの映画の日利用で、”蛇イチゴ”の西川美和監督作品の”ゆれる”を見てきました。新宿の武蔵野館では、立ち見客もいる大入りの場内。この映画は、オダギリジョー演じる猛(たける)と香川照之演じる稔(みのる)の兄弟の物語。母の通夜に久々に帰郷した猛は、幼馴染 AKATUKI DESIGN【2006/09/02 20:31】

兄が内に秘めるモノ。弟が内に秘めるモノ。『ゆれる』

山梨の実家にあるガソリンスタンドを継いだ兄と、東京に出てカメラマンとして成功した弟の、ある事件をめぐる物語です。 水曜日のシネマ日記【2006/09/03 10:02】

ゆれる

「ゆれる」製作:2006年、日本 119分 監督:西川美和 出演:オダギリジョー 映画通の部屋【2006/09/17 11:33】

「ゆれる」(日本 2006年)

兄弟だからこそ気付いてしまうこともある。 兄弟だからこそ許せないこともある・・・「ゆれる」。 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常【2006/09/17 16:45】

「ゆれる」観ました。

静岡でもやっと上映が始まったので、「ゆれる」を観ました。普通の映画館ではなく、サールナートホールというお寺に併設されているホールです。街中なのにそこだけ別空間という感じでとても雰囲気のあるところ。 日々あれこれ【2006/09/18 20:00】

ゆれる

【映画的カリスマ指数】★★★★★ ゆれ堕ちた…その先にあるもの  カリスマ映画論【2006/09/18 23:11】

ゆれる

夏休みは大作、話題作ばかりだったので、ミニシアター系の地味なやつが見たいと思い、ちょうどあってたこの映画を見て見ることに。原案・脚本・監督  西川 美和出演  オダギリ ジョー  香川 照之  伊武雅刀  新井 浩文     真木 よう子  木村 佑一  PLANET OF THE BLUE【2006/09/19 15:15】

「ゆれる」

 ゆれる オリジナルサウンドトラック「ゆれる」 ★★★★(2006年日本)監督:西川美和 企画:是枝裕和、安田匡裕 原案:西川美和 脚本:西川美和 キャスト:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井 NUMB【2006/10/01 10:41】

ゆれる

てくてくと歩いて帰る足取りも軽くなったが、キム検事のしてやったり顔を思い出して目の前が揺れていた。 ネタバレ映画館【2006/10/07 23:33】

「ゆれる」■ゆれるレビュー

実は、この映画が何を言おうとしているのかは、私には非常に理解し難かった。カインとアベル。それが父子二代にわたって続く。エデンの東。こうしたキーワードが連想される。何よりも特徴的なことは女性の不在。極めて単純な図式で構成された映画であることは判る。そして.. 映画と出会う・世界が変わる【2006/11/05 07:44】

『ゆれる』

あの橋を渡るまで、兄弟でした。  ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 □オフィシャルサイト  『ゆれる』 母親の一周忌で久々に故郷へ帰る 京の昼寝~♪【2006/11/14 12:08】

映画のご紹介(213) ゆれる

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(213) ゆれる-二人の役者の演技の力強さがみえた。オダギリジョーといえば、ちょっと変わった映画に出演してちょっと変わった役を演じることが多い役者だ。去年は、その変わりだねなところ.... ヒューマン=ブラック・ボックス【2006/11/23 21:44】

ゆれる DVD

「蛇イチゴ」の西川美和監督がオリジナル脚本を映画化したシリアスドラマ。 主演にオダギリジョー、共演に香川照之を迎え、 幼馴染みの転落死事件をきっかけに対照的な兄弟の間に巻き起こる 心理的葛藤が巧みな構成で描かれています。 2006年カンヌ国際映画祭の監督週 噂の情報屋【2006/12/07 20:25】

ゆれる

出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 母の一周期で帰省する。 猛(オダ いろいろと【2006/12/13 22:57】

ゆれる

散々観よう観ようと思いつつ後回しにしてしまった作品です。気が付いたら終わっていました。仕事休んでも横浜映画祭行こうかとも考えたのですが、やってくれて良かったです。もちろん、オダギリジョーなんかではなく、真木よう子がお目当てですからぁ。 八ちゃんの日常空間【2007/01/16 23:49】

「ゆれる」

ワーナーマイカル(板橋)のアンコールシネマにて、見逃していた2006年話題の邦画「ゆれる」を観賞。監督は西川美和。出演はオダギリジョー、香川照之、真木よう子ほか。東京で活躍しているカメラマンの猛は、母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ兄の やまたくの音吐朗々Diary【2007/03/01 09:10】

映画レビュー#41「ゆれる」

基本情報 「ゆれる」(2006、日本) 監督:西川美和(蛇イチゴ) 脚本:西川美和 制作:熊谷喜一 企画:是枝裕和 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、真木よう子、新井浩文、蟹江敬三、木村祐一、田口トモロヲ 2006カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品 公式サ Production Rif-Raf【2007/03/06 00:50】

『ゆれる』

兄にとって決して渡ることができない橋と、弟にとってどんなに離れても背後でゆれ続ける橋。その橋は脆く、か細く繋がっているだけであるが絶対に分断されることはない。『ゆれる』 監督: 西川美和 出演:オダギリジョー 香川照之人間、何かを引きずったままそれを放置 HELLOGOODBYE【2007/04/19 13:46】

映画『ゆれる』 ~こころがゆらゆら~

君と僕の関係がゆらゆら。まるであの吊橋みたいに。僕が差し伸べたこの手を、君は信じて握ってくれる?素晴らしい監督、素晴らしい脚本、素晴らしい俳優、素晴らしい演技、激しく心揺さ振られる素 iPod Junkie の 憂鬱【2007/04/20 11:14】

か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる

「本当の兄を取り戻す」取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI』や、『ラス Prism Viewpoints【2007/04/27 13:03】

ゆれる ~ 本音をぶつけ合ったその先にあるモノ ~

~ 本音をぶつけ合ったその先にあるモノ ~女性監督・西川美和による人間ドラマ。吊橋のように揺れ動く人の心情を長回しのカットや視線の動きなどで表現しているのが印象的な作品です。主演は、最近CMや映画などでも引っ張り凧のオダギリジョー。過去に仮面ライダー.... Prototypeシネマレビュー【2007/04/29 10:18】

『ゆれる』

「シアターキノ」でアンコール上映。   真実はどこにあったのだろう。いろいろな場面で交わす兄弟の会話。嫉妬やイラつき、探りあい。母の一周忌で言い争う父と弟。父親が怒りで畳にこぼし 映画館で観ましょ♪【2007/05/29 00:33】

西川美和監督の「ゆれる」を観た!

最近の日本映画界は、注目したい女性監督が目白押しです。5月に開かれた「第60回カンヌ国際映画祭」では、河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」が最高賞に次ぐグランプリを受賞したことは、このブログでも記事にしました。昨年は西川美和監督の「ゆれる」がカンヌ国際映画 とんとん・にっき【2007/06/18 00:30】

ゆれる

地味な映画ながらオダギリジョーさんと香川照之さんの好演で話題になりましたね。DVDで鑑賞。?東京で写真家として成功した猛は、母の一周忌のために帰省する。実家のガソリンスタンドでは父と兄の稔、そして幼馴染の智恵子が働いていた。法事の翌日、猛と稔と智恵子 映画、言いたい放題!【2007/06/27 12:25】

≪ゆれる≫(DVDレンタル@2008/01/01)

元旦の昼は<バーミヤン> で食事した後にすぐ隣にあるレンタル店へ 今年一本目の映画に何を観ようかと悩んだ結果… ゆれる まぁ、暗めで正月っぽくはないんだけど、昨年末に発表された “オダギリジョー”結婚記念って事で彼が主演のこの作品 ミーガと映画と… -Have a good movie-【2008/01/15 16:32】

ゆれる(感想101作目)&相棒

ゆれるはNHK衛星第2でして鑑賞したけど 前から鑑賞したくて放送を待ってた作品だったが 結論は揺れてたの吊り橋と兄弟2人の心だ 内容は1周忌に東京から帰省して来た弟が 兄の働くガソリンスタンドで幼馴染と再会し 兄と3人で吊り橋に行くも幼馴染が橋から 別館ヒガシ日記【2008/11/13 14:32】

-

管理人の承認後に表示されます 【2009/09/13 00:58】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。