プロフィール

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE デスノート 前編
部屋に少年が一人いるところを想像してみる。そこには衛星放送もインターネットもあり、世界中の情報が部屋の外に出なくても手に入る。やがて、情報を収集し、解釈しているうちに、少年は世界全体を知ったような気になり、さらには世界全体を自在に操れるような妄想に陥るかもしれない。

もちろん、これは幼い妄想に過ぎない。世界についての情報を知ることと世界の中で生きることは別であり、自分が世界を俯瞰しているのではなく自分は世界のほんの一部分にすぎないことを、人は現実の体験を通して知っていく。

しかし、情報を操作することが現実を操作すること同じになったとしたら、どうだろう。例えば、ある人の名前と行動を書くことで、その人を操れるとしたら。現実をあまり体験していない学生でも、世界を動かすことが可能になる。

デスノートは、ある人の名前と顔を知っていれば、その人を殺すことが可能になる。つまり、世界についての情報を知っているだけで、自分の部屋にいながら世界を動かすことができる。アメリカの大統領を脅すことさえ可能だ。主人公夜神月はデスノートを拾うことでこの力を手にする。

もう一人の主人公Lも、部屋にいながらにして大きな力を手にしているという点では、月と似ている。彼は世界中の選りすぐりの警察官を動かす力がある。彼は血なまぐさい現場に直接赴くのではなく、現場から届く情報を元に、自分の部屋でお菓子を食べながら事件を解釈、推理する。多くのモニターの前に座っているLというのは、彼のキャラにふさわしい姿だ。

もう一度、最初に思い描いた少年像に戻る。彼は世界の様々な出来事についての意見や解釈、感想をネット上に書き込むかもしれない。そこではおそらくニックネームやハンドルネームを使うか、あるいは名無しのまま発言するだろう。本名を出したとたん現実の世界に引き戻されるからだ。ところで、キラとLの戦いは本名を隠した者どうしの戦いなのだ。月はLの本名を知ろうとするし、Lはキラという仮名で呼ばれているのが月である証拠を見つけようとする。つまり、仮名の裏側に回り込まれ、本当の姿を見られたら負けなのだ。

月とLの物語は、部屋にいながら世界をすべて知っているような全能感にひたりがちな僕たちにふさわしい物語だ。自分の部屋の中で、僕たちと同じようにお菓子を食べ、ノートや本を開き、テレビやインターネットのモニターの前にいる彼らが、世界を動かす力を持っている。彼らは僕たちにふさわしいヒーローに違いない。

『デスノート』の教科書
『デスノート』の教科書氷山 輝人

データハウス 2006-05
売り上げランキング : 24209


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんわチロと申します。トラバ貼らせていただきましたのでよろしくお願いします。
【2006/12/04 05:04】 URL | mipo-chiro #sSHoJftA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/19-337cce83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DEATH NOTE デスノート前編

ノートに書いた名前を消しゴムで消したらどうなるんだろ? ネタバレ映画館【2006/06/30 23:19】

『デスノート・前編』

----この映画、前後編に分けて公開だって?珍しくニャい?「うん。この方式、昔は日本映画にもけっこうあったけど、最近では見かけなくなったね」----原作がコミックで11巻だっけ。長いからかなあ…。「そう。これは『ダ・ヴィンチ・コード』と同じだね。謎解きや推理をバッ ラムの大通り【2006/07/01 08:11】

DEATH NOTE デスノート 前編 (2006) 126分

 名門・東応大学で法律を学ぶエリート大学生、夜神月。将来を嘱望される彼ではあったが、法による正義に限界を感じ、激しい無力感に襲われていた。そんな時、彼は黒い表紙に『DEATH NOTE』と書かれた一冊のノートを目にする。そこには、“このノートに名前を書かれた人間は 極私的映画論+α【2006/07/01 08:17】

DEATH NOTE -デスノート- 前編

見応えと眠気が同居した曖昧な映画。原作を知らない人にはつまらないかも・・・ Akira's VOICE【2006/07/01 10:25】

「DEATH NOTE デスノート 前編」

 映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック「DEATH NOTE デスノート 前編」 ★★★DEATH NOTE(2006年日本)監督:金子修介原作:大場つぐみ、(作画 小畑健)脚本:大石哲也キャスト:藤原竜也、 NUMB【2006/07/01 11:46】

【デスノート 前編】

*ネタバレしてます。* ★面白かったぁ~♪映画化の話を聞いた時から、不安は沢山 空の「一期一会」【2006/07/01 19:20】

デスノート 前編

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ この天才、光か闇か・・・神か悪魔か?  カリスマ映画論【2006/07/02 13:35】

『デスノート』(前編)

コンソメ味のポテチを食べるのは家族の中でひとりだけ───そこまで知恵が回るのに、芯はおろか種まで残さず食べるようなヤツにリンゴを与えるのはいかがなものでしょうか。 ねこのひたい~絵日記室【2006/07/03 12:54】

遅ればせながらデスノート 見てきました。

友人と見てきました。私はあまり見たいと思っていなかったので誘われて行ったって感じかな。友達は漫画で見ていたみたい。私は何の先入観もなしにただ単に楽しめました。でも友達は”オリジナルと違うじゃん”と叫んでおりました。3割くらいオリジナルストーリーだそうです うぇブログ - yumitさんのブログ - 映画ファン倶楽部♪【2006/07/04 22:20】

拾 ~「デスノート 前編」~

金子修介監督作品、藤原竜也主演の、映画 「デスノート 前編」を観た。そのノートに名前を書かれると死ぬ!感想。①何が一番驚いたかって、主題歌がレッチリだったことだ。②何が二番目に驚いたかって、バスの運転手が田中要次だったことだ。③ミサミサバスがウザイ。出番 サナダ虫 ~解体中~【2006/07/04 22:28】

DEATH NOTE デス ノート [前編]

]「週刊少年ジャンプ」で連載され、話題となった漫画の映画化作品です。在学中、初めての受験で司法試験に合格した天才的学生である夜神月(ライト)は、死神が落としたノートを拾います。そのノート、デスノートは、「そこに名前を書かれた人間は死ぬ」というもの。ライト 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~【2006/07/19 07:17】

デスノート前編

http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう 勝弘ブログ【2006/07/19 22:30】

映画館「デスノート 前編」

人気コミックの実写映画化。予告編を見たときから、面白そうだなと思っていたのですがなかなか観に行く時間がなくやっと観に行ってきました!コミックの方は、まったく見た事がありません~。名前を書くだけで人を殺すことの出来るノート。。。そんなのあったら恐い... ☆ 163の映画の感想 ☆【2006/07/22 05:14】

デスノート

★★★★  原作がコミックということは知っているが、まだそれは読んでいない。映画を観れば判わかるが、原作はあと回しにしたほうが良いだろう。 そうしないと、ハラハラドキドキはもちろんのこと、綿密に用意されたデスバトルと、どんでん返しの連続技を十分に味わうこ ケントのたそがれ劇場【2006/08/06 20:53】

DEATH NOTE デスノート前編

「DEATH NOTE デスノート前編」2006年(★★★★★)映画を見る前に、原作コミックを読んで予習してきました。夢中になって、何時間も読みふけりましたよ~死神から、名前を書いた者を殺せるノートを手に入れた天才ライト。彼は、キラと名乗り、世... 新・ぴゅあの部屋【2006/10/30 01:33】

映画「DEATH NOTE デスノート 前編」

●最大の謎はライトの「事情」。まとも(?)な死神リューク目線で「力」を持った人間の成り行きをちょっと悪趣味風に観るのが正解か。擬似作家体験で描かれるのは人間の弱さ● わかりやすさとストーリー【2006/11/01 16:40】

デスノート 死神の基本豆知識

デスノートの死神について基本的なルール●死神は、デスノートを最低1冊は必ず所有していなければならない。 ●人間をデスノートで殺すと、その人の寿命と現在の年齢の差分を自分の寿命として得ることが出来る。 ●目の取引を行った場合でも死神は取引をした人... デスノート  映画版 徹底解剖!【2006/11/03 11:42】

DEATH NOTE デスノート 前編

最近漫画がブームですね。私は普段、漫画を全く読まないので世間からかなり取り残されてる感じです。「NANA」すら読んでません。映画も観てません。f(^^;)「デスノート」は、粗筋聞くと面白そうですね。「名前を書かれた人は死んでしまうノートを拾った青年のお話」粗筋 映画、言いたい放題!【2006/11/07 01:22】

DEATH NOTE デスノート 前編<ネタバレあり>

はよ前半観とかんと続きが観られへんわ~と思っていたらTV放送ですわ。ラッキーやったわ原作は観てませんが 旦那から大筋は聞いてたので 全く内容が分からんって事も無く。旦那曰く、エルだけが原作っぽいなって。まぁ、たいてい コミック本を実写版にした場合 イメ.. HAPPYMANIA【2006/11/11 06:59】

【邦画】DEATH NOTE デスノート 前編

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技3/演出4/脚本4/撮影2/音響3/音楽3/美術2/衣装3/配役3/魅力4/テンポ4/合計35)『評論』一応 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!【2006/12/01 13:31】

DEATH NOTE入荷しました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆デスノート入荷しましたのでご希望の方はコメント欄にフルネームご記入お願いします。☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 好き好き大好き!【2006/12/04 05:08】

「DEATH NOTE」

原作の漫画は読んだコトなかったし、個人的に1作で完結しない映画はあまり好きではないので観に行く予定はなかったのですが、やはり話題作。気になってしまいました。そしてコレが見事に当たりました!「NANA」の時は受け付けなかった松山ケンイチが今回はとても良い☆ Tokyo Sea Side【2006/12/19 23:16】

DEATH NOTE 前編&疾風伝&ロス:タイム:ライフ

DEATH NOTE 前編は昨年の後編が公開する時に1度だけ鑑賞したけど L公開SPで来週は後編を初めて鑑賞だが改めて前編を鑑賞も良いね 内容としては月がDEATH NOTEを拾い名前を書き心臓発作などで殺して Lの作戦でキラが関東に住んでる大学生と言 別館ヒガシ日記【2008/02/03 19:58】

【DVD】DEATH NOTE デスノート 前編

▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 「L change the WorLd」の前に折角だから見ておこう ▼感想 急いで後編も見なくてはっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也... 新!やさぐれ日記【2009/05/28 21:25】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。