プロフィール

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
物語には始まりと終わりがあるが、現実はその結末の後も続いていく。チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)にとって、物語はソ連のアフガン侵攻から始まっている。そして目指すハッピーエンドはソ連軍の撤退。この時点では、アメリカの敵はソ連の共産主義であってイスラム原理主義ではない。パキスタンの国境に広がるアフガン難民のキャンプは救うべきかわいそうな人々であって、この時代にはまだテロリストの巣窟とは呼ばれていなかった。圧倒的な武力の差にも関わらず抵抗を続ける彼らを助けるために武器を供与することは、この時点では善意とみなされた。難民キャンプの惨状を視察したチャーリー・ウィルソンは、国外では武器の調達、国内では予算の獲得に奔走する。

チャーリーはソ連軍撤退を正義と信じて行動する。一方、それを見ている私たちは撤退後アフガンがどうなっていったかを知っている。ここに皮肉が生まれる。映画の台詞の中には、チャーリー・ウィルソンが勝利したあと、世界がどうなっていくのかを暗示する言葉がちりばめられている。資本主義対共産主義という図式の元、冷戦当時は隠れていた要素が宗教である。アフガニスタンの人たちだけではなく、アメリカ人もまた宗教に対して頑固な考えを持つ人たちが多いことが、映画の中で何度も示されている。難民キャンプでアメリカ人の議員と難民たちが神は偉大だと声を合わせて叫ぶ場面は、後の歴史を知っている私たちにとっては皮肉なものになっている。アフガニスタンに元々ある民族対立も台詞に出てくる。アメリカとアフガンやパキスタンとの間にある人権に対する考え方の違いも語られる。ただ、当時は共産主義という共通の敵が、いろんな矛盾を覆い隠していた。

戦争の勝利、敵の撤退は、物語の結末にふさわしい、興奮する出来事だ。そして、スポーツ観戦した後のように、勝利の余韻に浸ったあと、人はこの地域に興味を失う。しかし、現実はその後も続いていく。チャーリーの台詞を借りると、ボールは弾み続ける。映画ではこの部分は最後に少し描かれるだけだが、その後のアフガンと世界情勢を暗示することには成功している。元々資源が少ない貧困地帯であり、長年続いた戦争で荒廃している国土に、大量の武器が残される。復興の中心となるべき年代の人々は戦死しており、10代の子供たちが人口の多くを占めるが、彼らを導く人々は少なく、学校のような教育施設も十分ではない。民族対立を抱えており国内はなかなかまとまらない。近隣の武装組織から見ればここは武器と人材の宝庫であり、絶好の隠れ家でもある。世界から忘れ去られたこの地域は、やがて9.11という歴史的な出来事を引き起こし、世界から再び注目を集めることになる。

アフガニスタンに学校を、というチャーリーの提案は、この地域に対する無関心のなか、却下される。武器はあるが教育を受ける機会ももてず仕事も見つからないという状況の中、当時少年だったアフガニスタンの子供たちはその後どうなっていったのか。2008年5月11日付のニューヨークタイムズには、アメリカ政府がアフガニスタンに巨大な刑務所を作る計画であることが報じられている。アルカイダやタリバンとの戦いで捕らえた囚人を愁傷するためだ。

アフガン戦争の真実―米ソ冷戦下の小国の悲劇 (NHKブックス)
アフガン戦争の真実―米ソ冷戦下の小国の悲劇 (NHKブックス)金 成浩

おすすめ平均
stars米ソのパワーポリティクスの結末
starsアフガン戦争の裏側がわかる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。