プロフィール

fumiya

Author:fumiya
30代。独身。眼鏡。超短髪。あごひげ少々。映画館に通うのが趣味。コメントやトラックバックはお気軽に。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

Kinetic Vision
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチ☆ボーイ
映画の中盤に出てくる、主人公五十嵐良一(佐藤隆太)が朝目覚めて大学の部室に行くまでの一連のシーンがすばらしい。昨日までの記憶がなくなった白紙の状態で目覚めた彼が壁一面に貼られた注意書きを見て、机の上の手帳と、大学ノートを何冊も重ねた日記を見る。彼は毎朝そこで自分がどんな障害を負っているのか知ることになる。そこから、日記を見て過去を確認して自己を再構築していく。部屋の壁には持ち歩いているポラロイドカメラで撮った写真がたくさん貼られていて、それらは彼が友人たちと積み重ねてきた時間そのものだ。手帳の写真と地図を頼りに大学の部室に不安な気持ちで近づき、記憶にない友人たちの顔を見て、自分が彼らに受け入れられていることを知って安堵する。無駄のない的確な演出と編集で、毎朝繰り返されるに違いない衝撃、混乱、不安がこちらに伝わってくる。

彼自身の苦悩だけでなく、彼の障害を周りの父、妹(仲里依紗)、友人たちがどう受け入れていくのかも小泉徳宏監督はうまく描いている。例えば、同じ構図で何度も繰り返されるバスの中での女子マネージャー(サエコ)との会話場面。どなったり暴れたりするのではなくむしろうなだれておとなしい感じで画面に収まっている父親役の泉谷しげるが、息子とクラブのキャプテン(向井理)が一緒に銭湯に入っているところをそっと見守っている場面。また、彼が息子の障害を受け入れていく過程の描き方。

学生プロレスのリングは、主人公が「自己」を表現する場として描かれている。段取りは頭で覚えるものだからなかなか覚えられないが、友人たちに教えてもらった技は、アザや筋肉の痛みとともに身体が記憶している。そしてリングで輝くのはいわゆる「勝ち組」ではない。正統派のスターにはなれそうにない、コントで使うようなコスチュームを着ている部員たちは、プロレスという虚実入り交じった舞台でこそ輝くのであり、弁護士になることを期待されながら記憶障害でその道から外れた主人公もまた、試合に勝とうが負けようが関係なく、独特の奇妙な動きと粘り強いファイトで観客を沸かせる。人生で欠点というか、マイナスを背負ったものたちが輝く瞬間をこの映画は捉えている。

高次脳機能障害 どのように対応するか (PHP新書)
高次脳機能障害 どのように対応するか (PHP新書)橋本 圭司

おすすめ平均
stars高次脳機能障害の理解のために

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
トラックバックさせていただきました
プロレス映画は好きで、何作か鑑賞していますが、本作のラストのプロレスは他のプロレス映画に負けない迫力がありましたね。素晴らしかったです。
シナリオにはやや粗があるとも思いましたが、「生きる」ということの証明としてプロレスをするというテーマには感動しました。伝えるべきもののある映画は好きです。

【2008/03/10 00:28】 URL | のび太は受験生 #- [ 編集]


のび太は受験生さん、コメントありがとうございます。

前半、病気が発覚するまでのコミカルなところがあまりおもしろくないので、前半はちょっとしんどかったですが、ラストの試合に向かって盛り上がってくるところはよかったですね。
【2008/03/12 09:15】 URL | fumiya #AKKjkRR6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kinetic.blog60.fc2.com/tb.php/86-bbddefc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ON AIR#780 ~ガチ☆ボーイ(2007 日本 120分 3.02)~

多少、ネタバレあり。 ・最近観た邦画の中ではかなり良いだけに、惜しい部分が目立ちすぎる作品でした。 明らかに泉谷しげるの起用がミス... BLOG RADIO~のび太のラジオコンタクト~【2008/03/10 00:24】

『ガチ★ボーイ』

----これってガチンコ・ボーイってこと? 「そう。 一種の青春グラフィティだね。 ただ、これまで青春を描くときに多かったロックや映画ではなく、 ここではプロレスに、その材を求めている」 ----ふうん。元々はお芝居だったんでしょ? 「そうらしいね。人気劇団・モダン... ラムの大通り【2008/03/10 10:07】

ガチ☆ボーイ

ヒットメーカーが送る安定したできばえの青春ガチンコ・プロレス研究会ムービー。里依紗ちゃんの見せ場は自転車で海沿いを突っ走るところです… 八ちゃんの日常空間【2008/03/10 10:35】

ガチ☆ボーイ/佐藤隆太、サエコ

もォ目眩がしそうなくらいの大混雑。ファーストデイに土曜日と2つの人気アニメ作品の公開初日が重なったゆえのこの状態なんでしょうね。気のせいか劇場内の酸素が薄イ。体調万全じゃないこともあってちょっとしんどいです。 公開を目前に控えて佐藤隆太くんがプロモー... カノンな日々【2008/03/10 17:25】

【2008-54】ガチ☆ボーイ

人気ブログランキングの順位は? 青春☆ガチンコグラフィティー。 アタマはどんなに忘れても カラダはちゃんと覚えてる これが僕の生きてる証 ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2008/03/13 22:09】

ガチ☆ボーイ

人生にギブアップは無い! Akira\'s VOICE【2008/03/14 10:27】

ガチ☆ボーイ

ただのプロレス映画だと思っていたら・・・やんごとなき青春映画だった。 ネタバレ映画館【2008/03/17 23:26】

ガチ☆ボーイ 2008-11

「ガチ☆ボーイ」を観てきました~♪ 大学在学中に司法試験の1次試験に合格した五十嵐(佐藤隆太)。1年前に見たプロレス研究会の試合が忘れられずに、プロレス研究会に入会する。ポラロイドカメラを持ち歩き、全てをメモする五十嵐だったが、肝心なプロレスの段取り 観たよ~ん~【2008/03/18 06:52】

真・映画日記(3)『ガチ☆ボーイ』

JUGEMテーマ:映画 (2から) 『パリ』を見終えた後、ついでなので『ガチ☆ボーイ』も見ることにした。 ほう、これは最近の邦画ではなかなかの出来。 「学生プロレス」+「記憶障害系ドラマ」がうまく融合している。 監督は『タイヨウのうた』の小泉徳宏。 ...           【2008/03/18 22:43】

[遅ればせながら、映画『ガチ☆ボーイ』を観た]

☆私の死んだ親父は、大のプロレスファンだった。 母親と結婚した新婚旅行の北海道で、母親をほったらかしにして、テレビのプロレス中継に夢中になり、いきなり夫婦ゲンカをしたそうだ^^; そんな話を思い出しながら、私は、MOVIX昭島での、『ガチ・ボーイ』公開... 『甘噛み^^ 天才バカ板!』【2008/03/30 19:42】

「ガチ☆ボーイ」 肉体の記憶

最近、久しぶりに運動をするようになりました。 きっかけは単純、暖かくなって春もの はらやんの映画徒然草【2008/04/05 22:22】

ガチ☆ボーイ

  青春☆ガチンコグラフィティー。 製作年度 2007年 上映時間 120分 脚本 西田征史 監督 小泉徳宏 音楽 佐藤直紀 出演 佐藤隆太/向井理/サエコ/川岡大次郎/瀬川亮/宮川大輔/仲里依紗/西田征史/泉谷しげる TOHOシネマズ、レディースデイの為、ヘルニアもとい、プレミア... to Heart【2008/04/11 09:01】

No.130 ガチ☆ボーイ

この映画は映画館で観ました。 大のプロレスファンであり、佐藤隆太が出演しているため。 彼の演技はこういう作品にすごくマッチしています。 気ままな映画生活【2008/09/25 22:25】

「ガチ☆ボーイ」

大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は事故で頭を打って以来、一晩眠るとその日の出来事を 全て忘れてしまうという“高次脳機能障害”を負っていた。そんな彼が学生プロレスに惹かれ、 プロレス研究会の扉を叩く。五十嵐の事情などまるで知らない部員たちは快く迎え入れ、プロ... 心の栄養♪映画と英語のジョーク【2008/11/04 18:48】

ガチ☆ボーイ ─ 本気で取り組めば無駄なこと1つもない ─

─ 本気で取り組めば無駄なこと1つもない ─ 今年、最も盛り上がったドラマのひとつとして、佐藤隆太が熱い先生役で出演していた青春野球ドラマ『 ROOKIES(ルーキーズ) 』があります。そんな佐藤隆太が、学生プロレスに挑戦する大学生役として出演する青春ドラマ、 Prototypeシネマレビュー【2008/12/11 00:46】

『ガチ☆ボーイ』\'08・日

あらすじ大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る割に学生プロレスで一番大事なこととされる“段取り”を覚えられずにいた。そんな中、商店街でのデビュー戦を迎えた良一は段取りを忘れたために本気でガチンコの試合をすることに... 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2009/02/12 01:15】

ガチボーイ(感想112作)&クイーン&リボーン

ガチボーイはWOWOWでして水曜に鑑賞したけど 結論はプロレス&病を上手くミックスさせ良かったよ 内容は高次機能障害の五十嵐が大学の学生プロレスで 最後は病を公表して皆に受け入れられる展開だね みちのくプロレスが全面的に協力して試合も悪くなかった 別館ヒガシ日記【2009/04/04 15:18】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。